2005年10月09日

CHARCOAL GRILL ANKO 庵狐/神泉

 日曜日、Bunkamuraのオーチャードホールの帰りに、たまには神泉方面に行ってみようと足を延ばした。道玄坂交番から神泉駅へ行く道をさらにまっすぐ旧山手通りのほうへ下りた辺り。小洒落た雰囲気の外観。「焼酎と軍鶏の店」とのこと。

anko01.jpg

 カウンター席の目の前のケースには、こんな風に、どこ産のナントカ豚とかレバーとかササミとか書いてある。ビールの後、生キャベツ、鳥のムネ&モモ焼き盛り合わせ、焼きそら豆をオーダーしてみる。

anko02.jpg anko03.jpg

 うーむ。味のないキャベツ…。ちょっとこれは、美味しくない。味噌も特にどうということはなく。ブランド鶏のムネ&モモ焼きは、肉質はともかく、こんな焼き方でいいの?という印象。だって水っぽいし身が縮んじゃってるし。それにすごーく小さいし。コレで800円はないでしょう。出てくるのもやけに遅かった。焼きそら豆も同様。

anko04.jpg

 カウンターに座っていたので調理の一部始終を見ていたけれど、私たちのオーダーはあまり経験を積んでいないらしい人が担当していた。その隣で、先輩格の人が、仕上がりを見てから彼にいくつか注意をしている。私たちのオーダーは新人教育の題材? そら豆も焼き上がり時間にムラがあったようで、一度火から下ろしたものを一部だけ再度網に乗せて焼いているのを目撃してしまった。ほかのそら豆は皿の上に放置…。せめて見えないところでやってほしいなあ。ビールのおかわりもせず出てきてしまいました。がっくし。


【関連する記事】
posted by めでこ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 焼き鳥、鳥料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源十/野沢

 神泉からバスで移動。ここなら確実においしいものね。「江戸料理」がコンセプトのお店。「江戸前」に非ず。江戸時代の料理を再現した「江戸料理」です。といってもわりと柔軟性があって、完全に関西味のうどんなど、店の雰囲気を損なわない範囲でお客のニーズにこたえようという姿勢があるらしい。(店の人がそう言っていた)

genju01.jpg

 まずはこれから。豆腐三珍。真ん中の峰岡豆腐にはこの醤油をつけて食べる。味噌チーズは酒のつまみに最高。お酒は、剣菱を燗でもらう。

genju02.jpg genju03.jpg

 ひじきの白和え、茄子の揚げびたし(ネギと茗荷と生姜がトッピング)。

genju04.jpg

 きのこの掻き揚げ。衣がサクサク。油が全然しつこくないので揚げだけでもつまめる。つゆも濃すぎず。

genju05.jpg genju06.jpg

 〆に、ごまだれうどんと帆立のかき揚げうどん。江戸料理的にはやっぱり蕎麦なのだろうけど、ここはうどんのラインナップも豊富。今日は二人でうどんを頼んでみた。化学調味料ゼロのやさしい味のつゆに、生麺うどん(多分)。体が温まった。満足。うちまで歩いて帰る。もう少し近いと嬉しいんだけどな。好きな店です。
posted by めでこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

ラ・コンフィズリー・タカギ/深沢

takagihachimitsu&saintcousair00.jpg

 ある方にワインを差し上げたら、お返しにタカギのハチミツが宅配便で届いた。タカギの品を誰かにあげたことは何度もあるけれど(当日買いに便利なので…)、もらったのは初めて。嬉しい。両端のどちらかがイタリアのアカシアで、もう一方が、カナダのクローバー。真ん中の顆粒状のは、カナダのメープルシュガー。
 その方は、昔田舎でよくみつけたような、クセの少ないレンゲのハチミツが好きなのだそう。最近それに感じが近いということで気に入っているのがクローバーのハチミツだとか。ハチミツ(というより甘味全般)に疎い私には有難いプレゼントであります。自分じゃ絶対に選べないもの!

takagihachimitsu&saintcousair01.jpg takagihachimitsu&saintcousair02.jpg

 そのクローバーのハチミツを、斑尾高原サンクゼールで買ってきたミルクパンにつけて食べてみた。本当にクセがないわぁ。喉にくる感じも少ない。おいしー。今度は、グレープフルーツにかけて食べてみよう。
posted by めでこ at 02:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ケーキ、甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

ふじや旅館/長野県・安代温泉

 長野へ。昼間はたかやしろファームでシャルドネの収穫。夜は、湯田中渋温泉郷・安代(あんだい)温泉の「ふじや旅館」へ。一日3組しか客をとらないという小さな宿です。1泊13000円の、季節のお料理コース。いまの時期は、松茸。

食前酒のあんず酒、先附、前菜、椀が並ぶ。
fujiyaryokan01.jpg

先附 チーズ豆腐
fujiyaryokan03.jpg

前菜 神無月(サーモンの酒粕あえ、茗荷寿司、さんまの蒲焼き?、アスパラ巻き、海老のアーモンド揚げ、ゆで卵といくら)
fujiyaryokan02.jpg

椀 松茸土瓶蒸し
fujiyaryokan05.jpg

造り 甘海老 馬刺し イカ
質が良いのか全くクセのない馬刺し。好みとしては、もう少し馬っぽくてもいいかも…。
fujiyaryokan04.jpg

焼き肴 子持ち鮎の有馬煮
酒でふっくらやさしく煮た子持ち鮎。最初に焼いて、それから番茶で煮て、最後に醤油などで煮たのだそう。実山椒の風味。つけあわせの梅煮が、鮎とよく合う。
fujiyaryokan14.jpg

煮物 冷製トマト海老仕込み
タマネギの風味。中に海老。スープはチキンコンソメ。
fujiyaryokan06.jpg fujiyaryokan07.jpg

※このへんで、ご飯を焚き始めてくれる。
fujiyaryokan11.jpg

強物 りんご牛ヒレステーキ
やわらかい。りんごの酸でやわらかくしているのかしら。甘めのソース。つけあわせのモロッコいんげんが美味。
fujiyaryokan09.jpg

温物 松茸茶碗蒸し
fujiyaryokan08.jpg

松茸ご飯と赤だし味噌汁
fujiyaryokan10.jpg

小菓子 抹茶アイス 小倉かけ
けっこう甘いアイスなので、小倉の塩を多くしてあるとのこと。ほんとだ。別々に食べるといまいちだけど、一緒に食べると丁度いい。
fujiyaryokan12.jpg

残った松茸ご飯は、夜食用のおにぎりに。(夜食なんていらないでしょーくらいに満腹なのですが。→結局、あとでおいしくいただいた)
fujiyaryokan13.jpg


 素材の組み合わせや調理法はひとひねりしてあるけれど、全体にやさしい味つけの創作和食。このお料理で、宿泊費が13000円というのがちょっと信じがたい。世にたくさんある“普通の宿”が、いかに料理に手をかけていないかってことだなぁ。源泉かけ流しのお湯もとても肌に合ったし、中野に来るときの宿はここに決定です。志賀高原も近いから、スキーのときも良いね。

 お風呂は小さい共同浴場が2つ。ほかの泊り客と交代で貸切にして入る(3組しかいないのであまり競合しなさそう)。トイレは共同。部屋に洗面台あり。浴衣、バスタオル、手ぬぐい、歯ブラシを用意してくれる。シャワーキャップや綿棒もある。夕飯6時、チェックアウト10時くらい。外湯めぐりもできます。

 ふじや旅館
posted by めでこ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(3) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

きたざわ/長野県中野市

 場所は、先日記事にした涌井せんたあのすぐ近く。今日はこちらに入ってみた。10/2のことだけど記事アップするの忘れてた。とりあえずここに。

 席につくと、おしんことお茶を出してくれる。車を運転しない同行者2名は地酒を注文。

kitazawa01.jpg kitazawa02.jpg

 蕎麦を各自1枚ずつと、天ぷら2皿を注文する。

kitazawa03.jpg

 天ぷら!サックリ揚げたて。じゃがいもも入ってる。天つゆが別についてきた。

kitazawa04.jpg kitazawa05.jpg

 蕎麦の量は普通。(隣の店が多すぎるのか。笑)
 麺は繊細な感じ…。少し短めかなあ。するすると、あっというまに完食。

 しかし、驚きはその後に待っていた!

kitazawa06.jpg kitazawa07.jpg

 蕎麦湯〜!どろっ…と表現したいくらいの濃さ。舌の上でざらざらする。つゆに蕎麦湯を加えると、不思議なことに、つゆのままだとあまり感じない出汁のかおりがフワ〜っと漂ってくる。美味。つゆ自体はそれほど薄くない(だから天つゆが別にくるのか?)ので、出汁より先に醤油の味を感じてしまうからね。しかし、蕎麦湯のこの濃厚さは一体…。

kitazawa08.jpg

 ↑こういうこだわりのあるお蕎麦だからかしら?

kitazawa09.jpg

 玄関では野菜も販売してます。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

タダシヤナギ/海老名丸井

tadashiyanagi01.jpg tadashiyanagi02.jpg

 せっかく海老名へ日参しているのだから…と、海老名駅前の丸井内にあるタダシヤナギへ行ってきた。わが家までの距離を考えると生菓子は持ち帰り不可能なので、マドレーヌ、ガトーバスク、ダックワーズ、抹茶と花豆のケーキ「ル・キイチ」、などなど、焼き菓子ばかり6種類を購入する。

 いちばん最初に食べたマドレーヌがいちばん印象的だった。中のほうは、“しっとり”よりも、もっと、一瞬舌の上でジュワ…と泡立つような、湿度の高さ。でもって、味も印象深い。この特徴的な味というか香りは、牛乳っぽさなのかなあ?この印象は、抹茶と花豆のケーキ「ル・キイチ」でも同じく。 
 軽いダックワーズもいいね。どれがいちばん美味だったかというと、ガトーバスク系かな。

 完成度とか洗練とかまとまりとかそういう味ではなくて、キャラが強くて微妙(絶妙?)なバランスで素朴だけどこなれている…という、「家庭料理のプロ」みたいなお菓子たち。ふしぎだー何なんだろうーと言いながら続けざまに3つも食べるくらいだから、私はこの感じが好きなのかも!

 余談ですが、店での会計時、海老名ならではの収穫を得られたわ♪とホクホクしていた私の目に飛び込んできたのは、「9/19 八雲店OPEN!」の文字…。八雲ってあの八雲?? そう、なんと、目黒通りのクイーンズ伊勢丹の近くに東京初出店していたのでした。なーんだーーー。自転車で買いに行けるところじゃん!今度行ってみよ!
posted by めでこ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ケーキ、甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲウチャイ/横浜ルミネ

geuchai01.jpg geuchai02.jpg

 軽くお茶でもしよっかーのつもりで店を探していたら、刺激的なエスニックのカオリに引き寄せられてしまった。Cちゃんとふたり。
 「汁ラーメン」を食べる(汁なしもあるみたいなのだ)。むう。タイの屋台食というより、インスタント・タイ・フード?麺がネチネチしてる…。つみれは魚肉ソーセージっぽい。Cちゃんの頼んだ「汁ビーフン」は、酸味のあるスープ。パクチーも入っていて、こちらのほうがクセあり。しかしほんとにインスタント食みたいな味だわん。
posted by めでこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

にき亭/横浜そごう

 仕事の後、Cちゃんと二人で横浜へ行く。今日はノンアルコールデーなので、久しぶりにそごうのレストラン街に行ってみた。ほえ〜。すっかり変わってる〜!レイアウトも、店舗も。
 ぐるりとまわってみたけれど、時間も遅かったし、ノンアルコールだし、それと、チラッと覗いた「にき亭」という店の、中庭に面した席の雰囲気が良さそうだったので入ってみることにした。(中庭といっても完全屋内ですけどね)

 お値段がそれほど高級ではないわりに、高級感をアピールするような店のつくり。Cちゃんと、「にき亭ってほかにもあるのかな?」「改装後のそごうレストラン街に入るくらいだから、すでにある店じゃない?」「いや、どこかの資本が入った新形態かもよ」などと話しつつメニューを眺める。コースは3〜4千円くらいのが2種類あったかな?鍋のコースと、普通のと。単品は、オムライス、グラタン、キッシュなど、洋食屋っぽい品が多種類。

 私たちの注文は、「オードブル盛り合わせ」をふたりでシェアして、私はメインに「野菜のポトフ 自家製ソーセージ入り」、Cちゃんは「和牛ハンバーグ」。デザートもいただいた。

 スタッフは皆若い。黒服を来たマネージャー風の男性も若い(なぜか同じようなスタンスの人がふたりいる)。とてもよく話しかけてきてくれて、その都度、見事にCちゃんとの話の腰を折ってくれる(笑)どうやらここは、那須の「二期倶楽部」の新形態店舗らしい。どうりで那須、那須、那須…と店内のポスターに書いてあるわけだ。

 オードブル盛り合わせは、炙った帆立、鴨のロースト、牛肉のロースト、味噌豆腐のカプレーゼ風(味噌豆腐をモッツァレラに見立てて、オリーブオイル+バジル+トマトと組み合わせてある)、もう一種類は失念。それらがアンティーブ(チコリ)系の葉っぱを散らした中にちょこちょこと盛られている。うーむ。素材にこだわっているらしく、変な味もしないが、旨みも控えめ。上品といえば上品。

 メインのポトフは、ひっじょーに少量。ちゃんとしたフランス料理店のコースのスープよりも少ない!味は、野菜の甘みはあるけれど、ソーセージのスパイスが勝ちすぎているような…。それより何より少なすぎてよくわからん。大食いではない私が言うんだから間違いない。Cちゃんのハンバーグはそこそこの量がありました。
 
 それから、サービスがいまいちだったなぁ。若いスタッフの皆さん(黒服のマネージャー風の方たちも含む)、立居振る舞いだけはとても丁寧なのだけど、内容がどうかと思う。注文時にもこちらがひとつひとつ聞かないと必要なことを教えてくれないし(パンやライスは別に頼むのか、とか)、聞いて答えてもらったその内容が間違っていたり、お水を注ぐときは私とCちゃんの視界を塞ぎ、食後にテーブルの上のパンの粉を掃いてくれたときはそれをデザートの皿の上を通過させて運んでいき…。

 二期倶楽部に行ったことはないけれど、なんだか想像しちゃうなぁ。ちと残念。カジュアルな洋食屋さんだったらサービス云々はどうでもいいんだけど、洋食屋にしては良いお値段だし、店のつくり・雰囲気ともに若干の高級感が演出されているので、そういうバランス感覚の悪さが妙に目についてしまったのでした。
posted by めでこ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

三友軒/深沢

sanyuuken01.jpg

 昼。深沢不動にある三友軒で、夏を惜しんで冷し中華を食べる。具材は、山菜系?など入っていて、ちょっと変わってる。タレは酸味が多め。おいしいな。こういう冷し中華だったら、ハムと胡瓜でなくても満足♪
posted by めでこ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥芳/学芸大学

toriyoshi01.jpg

 夕方6時頃、焼き鳥を食べたい!とMSが言い出したので、家からブラブラとバス停まで歩き、バスに揺られて10分ほど。目黒通りの「清水」のバス停の目の前にある「鳥芳」へ行く。
 生ビールを注文。おかみさんがサーバーから注いでくれる。何だかものすごくおいしい!注ぎ方が上手なのか?サッポロが良いのか?
 食べものは、紙とペンを渡されるので、客が自分で記入する。店内は、BON JOVIが結構な音量でかかってる。I complicated♪ この店のマスターは、かつてハードロック系のプロドラマーだったとか。

 ササミ、レバー、ぼんじり。 レバーは中身がとろとろ。
toriyoshi02.jpg toriyoshi03.jpg toriyoshi04.jpg

 途中で、煮込み、キャベツのサラダ(野菜食いの私たちは、一人一皿頼むべきだったかもー。シンプルな生野菜と味噌のサラダ)など、頼みつつ。
toriyoshi05.jpg toriyoshi06.jpg

 ねぎま、トントロだっけ?豚の何か、つくね。つくねはタレを食べてみたかった。何も言わないと塩らしい。
toriyoshi07.jpg toriyoshi08.jpg toriyoshi09.jpg

 前半の串はひとり1本ずつ、後半の串はふたりで1本を食べて、ふたりで生ビールを3杯、梅酒サワーを1杯頼んで、お会計が5000円ちょうど(端数をオマケしてくれた)。ほんとうはもっと食べるつもりだったけど、店内はあっというまにお客で一杯になって、マスターひとりで焼いているので焼きが追いつかず、煙がもうもうで目が痛くなってきたので出てきてしまった。

 けど、鳥は肉質もなかなか、焼き具合が良い感じ、生ビールはうまい、サワーも丁寧につくってくれるからおいしい。そりゃ、繁盛するよねぇ。早い時間に行って、さっさと注文して、2杯くらい飲んで出るのが良い使い方かも。予約もできるそうですよん。

 #この日以来、BON JOVIが聴きたくてしょうがない。でもCDは初期の1枚しか持ってないのだ。買いにいっちゃおかなー
posted by めでこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼き鳥、鳥料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。