2005年11月12日

すずや/用賀

suzuya01.jpg suzuya02.jpg

 たま〜に食べたくなる、とんかつ茶漬け。日記を見たら、前回食べたのはほぼ一年前だった。用賀店は、駅前オフィスビル群の一階にあります。
 これは小サイズ(用賀店では700円くらいだけど、確か新宿店などではもう少し高かったと思う)。揚げたカツと炒めキャベツが鉄板の上でジュージューいってる状態で出てくる。ソースは、醤油をブレンドしたようなちょっぴり和風ソース。キャベツはお代わり自由なので、途中まで普通にカツを食べて、炒めキャベツをお代わりし、最後に、茶漬け用のお茶をもらって、茶漬けにする。テーブルにセッティングされている高菜とか梅干とかの漬物類を沢山入れて…。そういう手順イロイロも楽しいのです。


posted by めでこ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源十/野沢

genju_01.jpg genju_02.jpg genju_03.jpg

 夜はいつもの「源十」へ。江戸料理の店。左から、鰯のつみれを揚げたような料理(名前を忘れてしまった)、ごくごくシンプルな湯豆腐(醤油がおいしい)、野菜三珍と玉子焼き。

genju_04.jpg genju_05.jpg

 〆に、今日の定食「牛肉のしぐれ煮とうどん」と、かき揚げうどん。食べすぎです。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

Trois Pierrot/中目黒

1111.jpg 1111-02.jpg

 今日は記念日で、けど平日なので、会社帰りに待ち合わせしやすい場所にあるお店に行くことにした。目黒銀座商店街の突き当たりに最近できたらしい「トロワ・ピエロ」というフレンチ。安くておいしい気軽なビストロ「ペティアン」の側面のお向かい、というロケーションです。
 1ヶ月以上UPしないうちに写真を消失してしまったので、残ったのはHPに載せていたこの三枚だけ。グラスシャンパン、テリーヌ盛り合わせ、温野菜、白子のムニエル等々を頼んで、ワインは勧められたガメイのビオをいただいた。
 上の写真の右側は、白子のムニエル。衣につつまれて温められた白子が、少し辛味を加えたトマト煮込み系ソースでくるまれてます。スペイン風な感じ。おいしかった〜。

1111-03.jpg

 これは、パテとテリーヌ盛り合わせ。濃厚。
 素材の出自にもこだわるお店のようで、どこ産の肉とかいろいろカルトに書いてあったので、メインに豚を頼もうとしたら、今日は入荷していないという…。残念。

 雑居ビルの地下で、ダウンライトで、あまり洗練された感じではなく、老若男女問わず近所の人たちがぶらりとやってきそうな、中目黒っぽい雰囲気の店。もっとうちの近所にあれば嬉しいんだけど、まあ、遠くないからいいか。また行ってみたいと思います。

posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

ふくちゃん/深沢

fukuchan01.jpg

 深沢不動交差点近くにある小さな居酒屋。土日の7〜8時頃に覗くとわりといつも混みあっているので、今まで一度も入ったことがなかった。今日はたまたまか、週中の祝日だからか、わりと空いている様子。ビールを頼む。お通しは春雨サラダ。

 鳥手羽焼きだけ注文した後、今日のおすすめの魚料理を店のおかあさんに尋ねると、金目かめばるの煮付けがあると言う。金目は大きめだって。迷ったけど、金目をもらうことにした。大きいっていうから、他の注文は控えておいたんだけど、ほんとそれで大正解。

 だってこんなに大きいんですもの!!余裕で30cmはありますよっ
fukuchan03.jpg fukuchan04.jpg

 魚大好き夫婦の我々は無心に食べる。煮方もいい。おいしい。その後に鳥手羽がやってきたけど、ワタシ的にはすでに満腹…。煮魚だけで満腹になるってあまりない経験です。

fukuchan02.jpg fukuchan05.jpg

 でも鳥手羽も美味。お漬物もいただく。この頃にはすでに熱燗に入っている私たち。

fukuchan06.jpg

 最後に、けんちん汁をサービスしてもらった。小さいお椀に実がぎっしり。体があたたまる。常連らしきおじさんたちも、タッパに入れてもらって、けんちん汁を大事に持って帰っていた。おふくろの味、な飲み屋さんです。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

米沢屋/深沢

 日曜日、夕方6時半頃、焼肉を食べにいこうと思い立ち、電話で席を確保する。駅から遠い住宅地の小さな商店街にある焼肉屋さん。名前のとおり、米沢牛を出すお店とのこと。7時過ぎに着いてみたら、すでにお客さんいっぱいで賑わっている。

 ビールと一緒に、はさみを渡された。これで肉を自分で切れということらしい。
yonezawaya00.jpg


 分厚いタン塩。炭火の網の上に乗せて焼く。焼きあがる頃にハサミで小さく切り分けて食べる。うーむ。タンだけに、焼き加減が難しい。もうちょっと早くてよかったかな、と思った頃には食べ終わっていた。
yonezawaya01.jpg yonezawaya02.jpg

 キムチ、センマイ刺し。
yonezawaya03.jpg yonezawaya04.jpg

 サラダ。
yonezawaya05.jpg

 特上カルビとレバー。ロースは撮り忘れ。特上カルビは、肉質が良すぎるのか、やわらかくて脂たっぷりでクセ皆無。私はこのあと頼んだ(特上ではない普通の)ロースのほうが肉らしくて好きだな。ちなみに、好物のハラミはメニューになかった。残念。
yonezawaya06.jpg yonezawaya07.jpg

 ビビンバ。上にユッケが乗っている。もちろん、しっかり混ぜてからいただく。ちょっと辛め。なかなかおいし。
yonezawaya08.jpg yonezawaya09.jpg

 でもね〜。ビビンバにワカメスープがついてないの。別注文したらこんなに大きいサイズしかなくって…。ビビンバってぐちゃぐちゃに混ぜて、ときどきワカメスープに浸しながら食べるんだよ、と、昔韓国人のおばさんに教わって以来そういう食べ方をしてきたので、ちょっと困る。
yonezawaya11.jpg


 肉の大きさが普段食べる焼肉と違うので、どれくらい食べたかわからなくなったことと、最後のワカメスープ別注文も効いて、食べ終わってみたら超満腹!価格は良心的かなー。近所なのでまた来たいと思います。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 焼肉・韓国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

博多屋台ラーメン一竜/野沢

ichiryu01.jpg ichiryu01.jpg

 博多風とんこつラーメン。壁におすすめの食べ方が貼ってあって、自家製辛子高菜とニンニクは必ず入れよと書いてある。でもさ、その辛子高菜、すっっごく辛いんだよね。ニンニクはニンニクつぶしと一緒においてある。どちらも入れずに、胡麻と紅生姜だけ入れて食べた。それで十分おいしかった。さすが、道の反対側にある某チェーン店の博多ラーメンとは違うな。

ichiryu03.jpg

 MS君が頼んだ柏ご飯。チャーシューご飯なのかな?
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

池袋大勝軒 環七野沢店/野沢

ikebukurotaishoken01.jpg ikebukurotaishoken02.jpg

 麺がしっかり。醤油ラーメン。「大勝軒」は、永福にある店しか行ったことがない。永福のは「池袋大勝軒」とは別のラーメンみたいですね。野沢のこの店は池袋系。スープに浮かぶ脂はたっぷり。シンプルでいいんじゃないかと。本店のも食べてみたいな。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

かじや/長野県・海野宿

kajiya01.jpg kajiya02.jpg

 別所温泉から152号方面へ戻り、上信越道に向かって車を走らせた。ナビも詳細地図もなくてもこの辺はわかりやすい。古い家々が保存された、かつての北国街道の宿場町、海野宿(うんのじゅく)へ到着。ガイドブックに載っていた「かじや」へ行く。行き当たりばったりのドライブ旅行、手元にあったガイドブックに載っていた唯一の店がここだった。

 MS君が、名物「くるみそば」を注文。くるみの香りがする蕎麦なのかな〜ワクワク♪と私も一緒に待っていたら、出てきたのはコレ。蕎麦の味は、くるみでもなんでもなく、ちゃんとした蕎麦だった。そうか、つゆがくるみなのか〜。
 普通のつゆではありません。蕎麦湯に、自分で、味噌とくるみだれ(写真手前の小皿)を溶かし込んでつゆを作る。つまり醤油の香りは皆無。くるみの風味は遠くのほうにかすかに感じる。それよりも(味噌の?)アルコールっぽさがインパクト強し。(蕎麦よりもつゆを大きく写真に収めるべきだったな)

kajiya03.jpg

 多少肌寒かったので、私は、山菜そばを注文。コシのしっかりしたそばで、素朴においしい。一見、乾物や小物のお店かと思う店構えだけど、奥にテーブルがあって、声をかけると家の人たちがのんびりと蕎麦を作ってくれる。そんな感じのお店でした。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

うなぎ小林 諏訪店/長野県諏訪市

kobayashi01.jpg

 中央道諏訪ICから諏訪湖へ向かう道、おぎのやの少し先を右折したところにある、老舗うなぎ屋さんの2号店。私の注文は1300円くらいの小さいうな重。MSは1800円くらいの大きいうな重(こちらはご飯の中に一切れ埋まっていて、別皿に一切れついてきた)。

kobayashi02.jpg kobayashi03.jpg

 外側はカリっと香ばしい。関東育ちの私はあまり強い焼きのうなぎを食べたことがないので、こういう焼き方が新鮮。でも中は、しっとり・ふっくらの関東の蒸し焼き風。ここ、諏訪では、関東の「背開き・蒸し焼き」と、関西の「腹開き・本焼き」、それぞれの焼き方をする店が混在していると聞いた。この店は独自? 吸い物に肝は入ってません。箸休めの酢の物は、香味野菜が美味。朝倉山椒の香りがとても良い。

kobayashi04.jpg

 別注文の茶碗蒸しは、出汁が控えめ、卵の存在感大のしっかりした食感。具沢山で、おいしかったですよん。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | うなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

万平ホテル メインダイニングルーム/軽井沢

manpei md 00.jpg manpei md 00-2.jpg

 旧軽井沢の林の中に佇むクラシックホテルのメインダイニング。壁一面のステンドグラスには、噴煙を上げる浅間山と中山道を行く大名行列の様子が描かれていて、すてき。ディナーコースの「Rouge」を注文した。ここの料理は「フレンチ」ではなく「洋食」ということなのだけど、一応フランス料理のカテゴリに入れておきます。

秋茄子のマリネと目鯛のサラダ 木の実の香り
manpei md 01.jpg

パンは自家製
manpei md 02.jpg

季節の野菜スープ
カリフラワーでした。
manpei md 03.jpg

清流岩魚のムース詰め白ワイン蒸し
岩魚を背割りして、中に帆立とホワイトソースを詰めたもの。上にかかったソースのとろんとした食感と冷たいトマトの酸味が対照的。
manpei md 04.jpg manpei md 05.jpg

信州安曇野産ポークのプティサレ シュークルート添え
カリッとしたプティサレ(塩漬け)が美味。野菜がいっぱい。
manpei md 06.jpg

紅玉リンゴのパイ レーズンのアイスクリーム添え、コーヒー
manpei md 07.jpg manpei md 08.jpg


 量はそれほど多くなく、味つけは濃くも薄くもなく、安心して食べられる。軽井沢という場所(=大都市ではない)と、ホテル内のレストランであるということと、すてきな内装を考慮すれば、満足できるかな。そうでないと若干割高に感じるので。ワインはグラスやハーフの選択肢が殆どないみたい。ボトルのワインリストはじっくり見られなかった。コースはBlueとRougeの2種類だけど、料理の内容チェンジは引き受けてくれた。祝日月曜の夜、店内はテラス席を除いてほぼ満席。泊まり客がほとんどなのかな?
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。