2006年01月07日

ラミ・デュ・ヴァン・エノ/外苑前

lamiduvineno01.jpg

 女4人でランチ。外苑前駅からテクテク歩いて10分程。「田舎の小さな家」風のお店ですな〜。ジビエの店らしく、鳥の羽などが飾ってあるのが素朴ですてき。前菜1品+メイン1品のコースを注文した。


lamiduvineno02.jpg
 
 アミューズのリエット。


lamiduvineno03.jpg lamiduvineno04.jpg

 前菜。鶉にフォワグラとすっぽんを詰めたメダイヨン。周りのポロねぎの緑、オリーブオイルの黄色、赤胡椒と白胡椒の色どりがきれい。フォアグラとすっぽんがどう効いているのかを考える暇なく美味しい美味しいとたいらげてしまったけど、コクとゼラチンなのでしょうね。食べ応えはあるけれど、重くならない。


lamiduvineno05.jpg

 メインは、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。つけあわせは、形も美しいなめらかマッシュポテト。牛ほほ肉は、ざくっとしたワイルドな食感ではなく、むちっとしたほう。だからソースも甘すぎず、今までレストランで食べた牛ワイン煮のなかで一番好きかも。


lamiduvineno06.jpg

デザートは盛り合わせ。フォンダンショコラ、抹茶のアイス...


lamiduvineno07.jpg

 ホットコーヒー。お茶請けのトリュフとクッキー。


 私たちが食事を食べ終わった頃、キッチンに活きた穴子が到着したらしい。ガラス越しに中の様子が見える。男前の榎本シェフが、つるつると滑る穴子と戯れていた。う〜ん、美味しそう!
 ここはジビエが有名な店だけど、ランチのジビエメニューはプラス4000円と、ちとお高めだったのでやめておいた。ジビエは夜にがっつりと、濃い赤ワインと一緒に楽しみたいしね。…と言いながら今年中に次の機会があるのかどうか、あやしいところなのがかなしいところ。ラミ・デュ・ヴァン・エノのランチは、量は女性向け、きれいで爽やかで芯の強い料理。満足しました。


posted by めでこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

カレー研究所/渋谷

carrykenkyujo01.jpg

渋谷パルコ近くの「カレー研究所」へ。初めて入った。私はタイ風ビーフカレー。MS君はキーマカレー。

carrykenkyujo02.jpg

しょっぱい。塩が強い。2種類のカレー両方にこの特徴があったので、店全体の傾向と思われる。なぜこんなにし塩気を強くする必要があるのだ??そのほかの味はおいしいのに、勿体ない。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

テンイッポウ/六本木

tenippo01.jpg

 六本木ヒルズ内にある、土鍋飯専門店。買い物のついでに昼食をとる。これは、四川黒胡麻タンタン飯。なんというか、黒胡麻とひき肉なのだけど、カレーみたいな感覚で食べられる丼。そうか、キーマカレーみたいなイメージか。ちょっと違うけど…。

tenippo02.jpg

 こちらは季節の野菜飯。野菜がホックリと煮えている。いま写真を見てパッと思い出すのは、さつまいもの甘さ。それが一番記憶に残ってる。こういう野菜などへの火の通し方はすごいなぁと思う。中華の醍醐味という感じ。
posted by めでこ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 中国・台湾料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

かまくらや/自由が丘

 魚菜学園の裏の道をまっすぐ学園通り(ピーコックのある通り)のほうへ歩いていくと左側にある、間口の小さな和食屋さん。今日は野菜が食べたくて店を探したけれど、なかなか寿司屋・蕎麦屋・焼肉屋・居酒屋以外で晦日の夜に開いている店が見つからなかったなか、この店の前を通りかかったら営業していたので、入ってみた。


 左は、突き出し。牡蠣の甘辛あえ、春菊
 右は、じゃこと聖護院かぶらのサラダ。かぶらが瑞々しい。
kamakuraya01.jpg kamakuraya02.jpg

 
 左は、鴨包み百合根まんじゅう。すりつぶした百合根の生地の中に、鴨ひき肉を調理したものが入っていて、あたたかいあんがかかっている。少し甘くて、とろんとしていて、楽しい食感。
 右は、前菜三種盛り(きすの天ぷら、あさりの時雨煮、くわいの伊達巻風?)。
kamakuraya03.jpg kamakuraya04.jpg


 ここでビールをやめて、日本酒に移る。菊姫のにごり酒があったので注文した。きれいに白濁したにごり酒…。ほんのり甘くてとてもおいしい。
kamakuraya05.jpg


 左は、なまこ土佐酢漬け。とてもやわらかいなまこ。
 右は、にしんの有馬煮。あっさりすっきり、良い感じに煮られてる。
kamakuraya06.jpg kamakuraya07.jpg


 左、生ハムとゆばのサラダ。生ハムの塩気と醤油系ドレッシングで少々塩辛い。最初のほうに頼むのに良いかも。
 右、洋茸とトリフのクリームコロッケ
kamakuraya08.jpg kamakuraya09.jpg

 
 どの料理も、それなりにきちんとした素材を選んで、丁寧に仕上げてある印象です。ふたりでビール(小瓶)を2本、菊姫にごり酒を2杯、熱燗を2合と上記の料理を頼んで、お会計が1万円ちょいだったのが驚き。そりゃ、倍以上の料金をとる和食店の味にかなわないところはあるけれど、この価格帯でできる限り最上のものを出してくれているのは間違いないと思う。ともかく丁寧なところがとっても好印象。良いお店だな。
posted by めでこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Speyside Way/自由が丘

 「かまくらや」の後に、やってきました。

speysideway01.jpg

 シングルモルトが常時800種類以上あるというすごい店。なおかつチャージ無し。2週間くらい前に来たときは、ストラスアイラ、ロングモーン、ラガヴーリンなどを飲んだ。それがこの店の王道な注文だと思うけど、今日はちょっと違う路線で。

speysideway02.jpg

 前回来たときにほかの人が注文していておいしそうだなーと思っていた季節のカクテル(苺のカクテル)を。4〜5粒の苺をジューサーでまわしていたかな?苺の自然の甘みがとてもさわやか。後ろにある瓶は、MSが頼んだイギリスの辛口シードル(=サイダー)、ストロングボウ。フランスの辛口シードルと違って、さっぱりすっきり飲みやすい。

 それから私は、シェリーをもらう。「すっきりしてぐいぐい飲めるもの」とお願いしたら(かまくらやの酒肴の塩分と熱燗で、だいぶ喉が乾いていた模様…)、シェリーを勧めてくれた。3本の中から選ばせてもらった1杯は、本当にすっきりしたシェリー。「コクのある熟成した上質な白ワイン」と思えるシェリー。名前は忘れてしまいましたが。

speysideway03.jpg

 つまみの絶品「自家製チョコ」(一粒食べちゃった後ですが…)。オレンジピール・チョコも入ってる。

speysideway04.jpg

 シェリーの後は再び季節のカクテルへ。今度は「ざくろ」。甘酸っぱさが舌に気持ちいい。幸せだ。でも次回はやっぱりシングルモルトを飲みたいな。
posted by めでこ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | パプ・BAR・ビアガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

中村屋/玉川高島屋SC内

nakamuraya01.jpg

 高島屋でのショッピングを終えて、ランチ。実は中村屋のカレーって食べたことがなかったみたい。

nakamuraya02.jpg nakamuraya03.jpg

 定番のインド(チキン)カレー。骨つきでやわらかく煮込んであるようで、肉は骨を取り除きながら食べてくださいとのことで、骨用の小皿を別にくれる。カレーは食べやすいマイルドな味だけど、スパイスがバランス良く効いている。グリーンサラダも注文。こちらもオーソドックスなフレンチドレッシング。安心して食べられるというのもいいですね。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

ひろ/深沢

hiro01.jpg hiro02.jpg

 町の居酒屋さん。無口なご主人ひとりで店をやっている様子。カウンターに座ってテレビの音を片耳で聞きながらまったりビールか熱燗を飲むのが定番です。豚もつ煮、海老のサラダ。

hiro03.jpg hiro04.jpg

 いかのホイル焼き(わたが美味)、かんぱち。

hiro05.jpg hiro06.jpg

 牡蠣・ごぼう・春菊などの卵とじ。

hiro07.jpg

 〆は、焼きうどん。

 地味なお店だけど、家庭料理風のご主人の料理がおいしくて安いので、たまに行きます。満席で入れなかったこともあり。近所じゃけっこう人気あるのかも。
posted by めでこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

一風堂/駒沢

ippudo01.jpg ippudo02.jpg

 駒沢通り沿い、駒沢公園のすぐ脇にあるとんこつラーメンの店。テーブル席がたくさんあって、ファミリー客もたくさんいる。「白丸肉入り」を注文。テーブルに辛味もやしがセッティングされている。多めに乗せて食べた。おいしい。チャーシューがすごいボリュームだ…。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ケーキ、甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

カーナ・ピーナ/祐天寺

khanapina01.jpg

 インドカレー専門店。喫茶店みたいな内装の店内に入ると途端にスパイスの香りが…。

khanapina02.jpg

 ガルバンソ(ひよこ豆)のカレー。辛さが三段階あって、私はいちばん辛くないやつを注文した。スパイスの複雑な味わい。辛さはそれほどでもないけど、体がほかほかしてくる。

khanapina04.jpg

 MS君の注文。ほうれん草とマトンのカレー。こちらは中辛。味見させてもらったら、辛〜い!私には無理!中辛でこれだと、その上はどんな辛さなのか。

khanapina03.jpg

 ヨーグルトのサラダ。キュウリとミニトマトとレモンが入ってる。カレーの口直しになる程良い酸味。

 後から知ったけど、けっこう有名なお店みたいですね。こういうのは自分じゃ絶対に作れそうにないカレーだなぁ。おいしかった!
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

ヴィエス/二子玉川

vies01.jpg

とても寒い日で、突然ジビエが食べたくなったので、近場の店をあれこれ探して、ここに来てみた。玉川高島屋SCの真裏のビルの上階。窓から見えるイルミネーションがきれい。まずは、カヴァ。持ち手のところまでたっぷりと入る面白いグラス。手で持つと温まってしまいそう。早く飲めってことかしら。。


vies02.jpg

 豚足ときのこ(だったかな?)のテリーヌ。豚のゼラチンがたっぷり。マスタードソースと赤粒コショウ。このマスタードソースが面白かったかも。私の印象としては、こういうソースって、カジュアルで、アメリカっぽい感じなのです。


vies03.jpg

 スペシャリテのひとつだそう。「秩父の松本さんやその他契約農家直送の無農薬&有機栽培の野菜のマリネ」。野菜の甘み・旨みが活きていて美味しい。ただ、ナイフがあまり切れ味鋭いタイプではないので、オイルをまとった野菜がつるつる滑って切るのに苦労しました…。


vies04.jpg

 ワインは、シェフのおすすめ、リオハのLan Crianza 2000をいただいた。LANとは、リオハと称される3つの地域(ログローニョ、アラバ、ナバーラ)のイニシャルから取っているらしいですね。じっくりと楽しめる魅力的なワインでした。


vies05.jpg

 本日のパスタ。アメリケーヌソース?魚介の旨みが凝縮されたソース。おいしい!


vies06.jpg vies07.jpg

 丹波産猪の煮込み。強い味わいの猪肉がすっかりやわらかくなってる。酸味と甘みの調和したソース。粒マスタードも入っていたかな?あまりクセがなく、食べやすい料理かも。


 この日は、シェフがひとりで厨房もホールもやっていたので、後半、ほかの客がたくさん入ってからはあまり次々と注文できなくなってしまい、適当なところで帰ることにした。本当はもう少し色々食べてみたかったのだけどね…。平日のほうが混んでいるようなので、平日だとホール係がいるのかしら?料理は美味しかったので、また機会があれば行ってみたいと思います。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。