2005年10月09日

CHARCOAL GRILL ANKO 庵狐/神泉

 日曜日、Bunkamuraのオーチャードホールの帰りに、たまには神泉方面に行ってみようと足を延ばした。道玄坂交番から神泉駅へ行く道をさらにまっすぐ旧山手通りのほうへ下りた辺り。小洒落た雰囲気の外観。「焼酎と軍鶏の店」とのこと。

anko01.jpg

 カウンター席の目の前のケースには、こんな風に、どこ産のナントカ豚とかレバーとかササミとか書いてある。ビールの後、生キャベツ、鳥のムネ&モモ焼き盛り合わせ、焼きそら豆をオーダーしてみる。

anko02.jpg anko03.jpg

 うーむ。味のないキャベツ…。ちょっとこれは、美味しくない。味噌も特にどうということはなく。ブランド鶏のムネ&モモ焼きは、肉質はともかく、こんな焼き方でいいの?という印象。だって水っぽいし身が縮んじゃってるし。それにすごーく小さいし。コレで800円はないでしょう。出てくるのもやけに遅かった。焼きそら豆も同様。

anko04.jpg

 カウンターに座っていたので調理の一部始終を見ていたけれど、私たちのオーダーはあまり経験を積んでいないらしい人が担当していた。その隣で、先輩格の人が、仕上がりを見てから彼にいくつか注意をしている。私たちのオーダーは新人教育の題材? そら豆も焼き上がり時間にムラがあったようで、一度火から下ろしたものを一部だけ再度網に乗せて焼いているのを目撃してしまった。ほかのそら豆は皿の上に放置…。せめて見えないところでやってほしいなあ。ビールのおかわりもせず出てきてしまいました。がっくし。


posted by めでこ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 焼き鳥、鳥料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

鳥芳/学芸大学

toriyoshi01.jpg

 夕方6時頃、焼き鳥を食べたい!とMSが言い出したので、家からブラブラとバス停まで歩き、バスに揺られて10分ほど。目黒通りの「清水」のバス停の目の前にある「鳥芳」へ行く。
 生ビールを注文。おかみさんがサーバーから注いでくれる。何だかものすごくおいしい!注ぎ方が上手なのか?サッポロが良いのか?
 食べものは、紙とペンを渡されるので、客が自分で記入する。店内は、BON JOVIが結構な音量でかかってる。I complicated♪ この店のマスターは、かつてハードロック系のプロドラマーだったとか。

 ササミ、レバー、ぼんじり。 レバーは中身がとろとろ。
toriyoshi02.jpg toriyoshi03.jpg toriyoshi04.jpg

 途中で、煮込み、キャベツのサラダ(野菜食いの私たちは、一人一皿頼むべきだったかもー。シンプルな生野菜と味噌のサラダ)など、頼みつつ。
toriyoshi05.jpg toriyoshi06.jpg

 ねぎま、トントロだっけ?豚の何か、つくね。つくねはタレを食べてみたかった。何も言わないと塩らしい。
toriyoshi07.jpg toriyoshi08.jpg toriyoshi09.jpg

 前半の串はひとり1本ずつ、後半の串はふたりで1本を食べて、ふたりで生ビールを3杯、梅酒サワーを1杯頼んで、お会計が5000円ちょうど(端数をオマケしてくれた)。ほんとうはもっと食べるつもりだったけど、店内はあっというまにお客で一杯になって、マスターひとりで焼いているので焼きが追いつかず、煙がもうもうで目が痛くなってきたので出てきてしまった。

 けど、鳥は肉質もなかなか、焼き具合が良い感じ、生ビールはうまい、サワーも丁寧につくってくれるからおいしい。そりゃ、繁盛するよねぇ。早い時間に行って、さっさと注文して、2杯くらい飲んで出るのが良い使い方かも。予約もできるそうですよん。

 #この日以来、BON JOVIが聴きたくてしょうがない。でもCDは初期の1枚しか持ってないのだ。買いにいっちゃおかなー
posted by めでこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼き鳥、鳥料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。