2005年10月15日

うなぎ小林 諏訪店/長野県諏訪市

kobayashi01.jpg

 中央道諏訪ICから諏訪湖へ向かう道、おぎのやの少し先を右折したところにある、老舗うなぎ屋さんの2号店。私の注文は1300円くらいの小さいうな重。MSは1800円くらいの大きいうな重(こちらはご飯の中に一切れ埋まっていて、別皿に一切れついてきた)。

kobayashi02.jpg kobayashi03.jpg

 外側はカリっと香ばしい。関東育ちの私はあまり強い焼きのうなぎを食べたことがないので、こういう焼き方が新鮮。でも中は、しっとり・ふっくらの関東の蒸し焼き風。ここ、諏訪では、関東の「背開き・蒸し焼き」と、関西の「腹開き・本焼き」、それぞれの焼き方をする店が混在していると聞いた。この店は独自? 吸い物に肝は入ってません。箸休めの酢の物は、香味野菜が美味。朝倉山椒の香りがとても良い。

kobayashi04.jpg

 別注文の茶碗蒸しは、出汁が控えめ、卵の存在感大のしっかりした食感。具沢山で、おいしかったですよん。


posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | うなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

野田岩/横浜高島屋

nodaiwa01.jpg

 昼。天然鰻ではないけれど、季節の膳にはせず、うな重(松)にした。 蒸しました!って感じの水っぽさがいつもより強い気がしたけど、気のせいかも。前回食べたのは天然だったから、印象が違うのかな。天然は天然の、養殖は養殖の、それぞれメリットがあるのでしょうね。
 いつもながら、漬物がおいしい。最初にもらう緑茶も良いお茶。食中&食後にはほうじ茶が出る。これも嬉しい。
posted by めでこ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

野田岩/横浜高島屋

nodaiwa.jpg nodaiwa2.jpg

 うなぎを食べに横浜高島屋の「野田岩」へ。 最初は麻布本店へ行こうと思ったけど、あそこは、座敷は2階にしかなく、階段を上がらないといけなかった気がする。祖母にはキツイので却下。次に、横浜野田岩(路面店)にしようと考えて電話してみたら「日曜はお休みです〜」と(泣)
 結局いつもの高島屋店になりました。11時半に着いたら、ウェイティング5組くらい。私たちの後にも次々と人がやってくる。15分ほど待って入れたけれど、その後は40分待ち状態が続いていたらしい。さすがにこの時期、いつもの土日より混みますな。店内の客層もやや若め。

 天然うな重。ボリュームあり。お値段も良いものね(4200円位)。身は口の中でほろっと崩れる白身魚系。天然物だから食べる度に若干印象が違ってきますが、今日のはあっさりでした。美味しかった。
posted by めでこ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | うなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。