2006年01月07日

ラミ・デュ・ヴァン・エノ/外苑前

lamiduvineno01.jpg

 女4人でランチ。外苑前駅からテクテク歩いて10分程。「田舎の小さな家」風のお店ですな〜。ジビエの店らしく、鳥の羽などが飾ってあるのが素朴ですてき。前菜1品+メイン1品のコースを注文した。


lamiduvineno02.jpg
 
 アミューズのリエット。


lamiduvineno03.jpg lamiduvineno04.jpg

 前菜。鶉にフォワグラとすっぽんを詰めたメダイヨン。周りのポロねぎの緑、オリーブオイルの黄色、赤胡椒と白胡椒の色どりがきれい。フォアグラとすっぽんがどう効いているのかを考える暇なく美味しい美味しいとたいらげてしまったけど、コクとゼラチンなのでしょうね。食べ応えはあるけれど、重くならない。


lamiduvineno05.jpg

 メインは、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。つけあわせは、形も美しいなめらかマッシュポテト。牛ほほ肉は、ざくっとしたワイルドな食感ではなく、むちっとしたほう。だからソースも甘すぎず、今までレストランで食べた牛ワイン煮のなかで一番好きかも。


lamiduvineno06.jpg

デザートは盛り合わせ。フォンダンショコラ、抹茶のアイス...


lamiduvineno07.jpg

 ホットコーヒー。お茶請けのトリュフとクッキー。


 私たちが食事を食べ終わった頃、キッチンに活きた穴子が到着したらしい。ガラス越しに中の様子が見える。男前の榎本シェフが、つるつると滑る穴子と戯れていた。う〜ん、美味しそう!
 ここはジビエが有名な店だけど、ランチのジビエメニューはプラス4000円と、ちとお高めだったのでやめておいた。ジビエは夜にがっつりと、濃い赤ワインと一緒に楽しみたいしね。…と言いながら今年中に次の機会があるのかどうか、あやしいところなのがかなしいところ。ラミ・デュ・ヴァン・エノのランチは、量は女性向け、きれいで爽やかで芯の強い料理。満足しました。


posted by めでこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とっても良さげなお店ですね!
「コクとゼラチン」かあ・・・、自分ではつくれそうにない、そういうのを味わってみたいです。

別件ですが、「忘れえぬ想い」はシアターNでやってるはずです。

Posted by ゆず切り at 2006年02月22日 01:16
ほんと、良かったですよ!
寒かったけれどお天気の良い日で、窓越しのお昼の陽射しにまったりしながら飲むシャンパンがまたおいしくて…。
よろしければ今度ご一緒しませんか?

シアターN、ってどこだろう…。調べてみます!
Posted by めでこ at 2006年02月23日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。