2005年12月30日

かまくらや/自由が丘

 魚菜学園の裏の道をまっすぐ学園通り(ピーコックのある通り)のほうへ歩いていくと左側にある、間口の小さな和食屋さん。今日は野菜が食べたくて店を探したけれど、なかなか寿司屋・蕎麦屋・焼肉屋・居酒屋以外で晦日の夜に開いている店が見つからなかったなか、この店の前を通りかかったら営業していたので、入ってみた。


 左は、突き出し。牡蠣の甘辛あえ、春菊
 右は、じゃこと聖護院かぶらのサラダ。かぶらが瑞々しい。
kamakuraya01.jpg kamakuraya02.jpg

 
 左は、鴨包み百合根まんじゅう。すりつぶした百合根の生地の中に、鴨ひき肉を調理したものが入っていて、あたたかいあんがかかっている。少し甘くて、とろんとしていて、楽しい食感。
 右は、前菜三種盛り(きすの天ぷら、あさりの時雨煮、くわいの伊達巻風?)。
kamakuraya03.jpg kamakuraya04.jpg


 ここでビールをやめて、日本酒に移る。菊姫のにごり酒があったので注文した。きれいに白濁したにごり酒…。ほんのり甘くてとてもおいしい。
kamakuraya05.jpg


 左は、なまこ土佐酢漬け。とてもやわらかいなまこ。
 右は、にしんの有馬煮。あっさりすっきり、良い感じに煮られてる。
kamakuraya06.jpg kamakuraya07.jpg


 左、生ハムとゆばのサラダ。生ハムの塩気と醤油系ドレッシングで少々塩辛い。最初のほうに頼むのに良いかも。
 右、洋茸とトリフのクリームコロッケ
kamakuraya08.jpg kamakuraya09.jpg

 
 どの料理も、それなりにきちんとした素材を選んで、丁寧に仕上げてある印象です。ふたりでビール(小瓶)を2本、菊姫にごり酒を2杯、熱燗を2合と上記の料理を頼んで、お会計が1万円ちょいだったのが驚き。そりゃ、倍以上の料金をとる和食店の味にかなわないところはあるけれど、この価格帯でできる限り最上のものを出してくれているのは間違いないと思う。ともかく丁寧なところがとっても好印象。良いお店だな。


posted by めでこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。