2006年01月19日

Le Cafe Blue/渋谷マークシティ

0119.jpg

 Bunkamuraで観劇の後、寒さに震えて駅近くまで戻って来てしまったので、マークシティの「Le Cafe Blue」へ。海老と野菜のカクテルソース メルバトースト添え、と、仔羊のロースト。味は…ノーコメント。ところで、メルバトーストって、水分が抜けるまでカリカリに焼いたパンのこと。エスコフィエが歌姫メルバのために考案したのですって。


posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

丸栄/自由が丘

maruei.jpg maruei02.jpg

 自由が丘の老舗とんかつ屋「丸栄」で、ロースカツを食べる。ここは定食がないので、カツ、ご飯、 味噌汁を別々に頼む。しめて1700円くらい。フライパンにうすくひいた少量の油でじっくり揚げる独特の揚げ方をすることで有名なお店。衣がカリっと濃い色に、でも焦げ臭は皆無、油の存在感があまりなく、食後感がとてもさっぱり。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

六花(りっか)/新丸子

rikka01.jpg rikka02.jpg

 新丸子にある北海道料理の店。こぢんまりとした和風の清潔な店内で、40前後くらい(多分…)のご主人が料理をつくりおかみさんが接客してくれる。家庭的なあたたかさもあり良心的な価格(お会計時にビックリします。え?こんなに少なくていいの?って)ながら、味はプロ。画像は、茄子の揚げ浸し、ラーメンサラダ。

rikka03.jpg rikka04.jpg

 かぼちゃ揚げ、かにみそ豆腐。
 

rikka05.jpg rikka06.jpg

 にしんのみりん干し(だったと思う)、塩辛。

 ほんとうに良いお店。電車に乗ってでも食べに行きたいもの。ぜひとも末永く新丸子でお店を続けてほしいです!
posted by めでこ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三ちゃん食堂/新丸子

sanchan01.jpg sanchan02.jpg sanchan03.jpg

新丸子の名物飲み屋「三ちゃん食堂」は食堂であるから、8時前にラストオーダー、9時には閉まってしまう。とにかく安い・早い・まあまあ旨いの三拍子揃った庶民のお店。この日頼んだのは、ビール、熱燗、茹でブロッコリー、ハムカツ、しらすおろし、もやし炒め。

sanchan04.jpg sanchan05.jpg

おつまみは一皿150円とか200円とか、高くても500円で済んでしまう。オーダーすると炒め物でも3分後くらいに出てくる。大衆食堂なりの気配り目配りは行き届いている。何より店内は活気に満ちていて、皆、ほんとうに楽しそうに酒を飲んだり、テレビを見たり、スポーツ新聞を読んだりしている。親子連れ、カップル、自営業のおじさんたち、大学生、サラリーマン…。いつ行っても8割方満席。でも回転がはやいからちょっと待てば席は空く。皆で飲みに行ったらひとり2000円はかからない。
posted by めでこ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラミ・デュ・ヴァン・エノ/外苑前

lamiduvineno01.jpg

 女4人でランチ。外苑前駅からテクテク歩いて10分程。「田舎の小さな家」風のお店ですな〜。ジビエの店らしく、鳥の羽などが飾ってあるのが素朴ですてき。前菜1品+メイン1品のコースを注文した。


lamiduvineno02.jpg
 
 アミューズのリエット。


lamiduvineno03.jpg lamiduvineno04.jpg

 前菜。鶉にフォワグラとすっぽんを詰めたメダイヨン。周りのポロねぎの緑、オリーブオイルの黄色、赤胡椒と白胡椒の色どりがきれい。フォアグラとすっぽんがどう効いているのかを考える暇なく美味しい美味しいとたいらげてしまったけど、コクとゼラチンなのでしょうね。食べ応えはあるけれど、重くならない。


lamiduvineno05.jpg

 メインは、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。つけあわせは、形も美しいなめらかマッシュポテト。牛ほほ肉は、ざくっとしたワイルドな食感ではなく、むちっとしたほう。だからソースも甘すぎず、今までレストランで食べた牛ワイン煮のなかで一番好きかも。


lamiduvineno06.jpg

デザートは盛り合わせ。フォンダンショコラ、抹茶のアイス...


lamiduvineno07.jpg

 ホットコーヒー。お茶請けのトリュフとクッキー。


 私たちが食事を食べ終わった頃、キッチンに活きた穴子が到着したらしい。ガラス越しに中の様子が見える。男前の榎本シェフが、つるつると滑る穴子と戯れていた。う〜ん、美味しそう!
 ここはジビエが有名な店だけど、ランチのジビエメニューはプラス4000円と、ちとお高めだったのでやめておいた。ジビエは夜にがっつりと、濃い赤ワインと一緒に楽しみたいしね。…と言いながら今年中に次の機会があるのかどうか、あやしいところなのがかなしいところ。ラミ・デュ・ヴァン・エノのランチは、量は女性向け、きれいで爽やかで芯の強い料理。満足しました。
posted by めでこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

カレー研究所/渋谷

carrykenkyujo01.jpg

渋谷パルコ近くの「カレー研究所」へ。初めて入った。私はタイ風ビーフカレー。MS君はキーマカレー。

carrykenkyujo02.jpg

しょっぱい。塩が強い。2種類のカレー両方にこの特徴があったので、店全体の傾向と思われる。なぜこんなにし塩気を強くする必要があるのだ??そのほかの味はおいしいのに、勿体ない。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。