2005年09月26日

タダシヤナギ/海老名丸井

tadashiyanagi01.jpg tadashiyanagi02.jpg

 せっかく海老名へ日参しているのだから…と、海老名駅前の丸井内にあるタダシヤナギへ行ってきた。わが家までの距離を考えると生菓子は持ち帰り不可能なので、マドレーヌ、ガトーバスク、ダックワーズ、抹茶と花豆のケーキ「ル・キイチ」、などなど、焼き菓子ばかり6種類を購入する。

 いちばん最初に食べたマドレーヌがいちばん印象的だった。中のほうは、“しっとり”よりも、もっと、一瞬舌の上でジュワ…と泡立つような、湿度の高さ。でもって、味も印象深い。この特徴的な味というか香りは、牛乳っぽさなのかなあ?この印象は、抹茶と花豆のケーキ「ル・キイチ」でも同じく。 
 軽いダックワーズもいいね。どれがいちばん美味だったかというと、ガトーバスク系かな。

 完成度とか洗練とかまとまりとかそういう味ではなくて、キャラが強くて微妙(絶妙?)なバランスで素朴だけどこなれている…という、「家庭料理のプロ」みたいなお菓子たち。ふしぎだー何なんだろうーと言いながら続けざまに3つも食べるくらいだから、私はこの感じが好きなのかも!

 余談ですが、店での会計時、海老名ならではの収穫を得られたわ♪とホクホクしていた私の目に飛び込んできたのは、「9/19 八雲店OPEN!」の文字…。八雲ってあの八雲?? そう、なんと、目黒通りのクイーンズ伊勢丹の近くに東京初出店していたのでした。なーんだーーー。自転車で買いに行けるところじゃん!今度行ってみよ!


posted by めでこ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ケーキ、甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲウチャイ/横浜ルミネ

geuchai01.jpg geuchai02.jpg

 軽くお茶でもしよっかーのつもりで店を探していたら、刺激的なエスニックのカオリに引き寄せられてしまった。Cちゃんとふたり。
 「汁ラーメン」を食べる(汁なしもあるみたいなのだ)。むう。タイの屋台食というより、インスタント・タイ・フード?麺がネチネチしてる…。つみれは魚肉ソーセージっぽい。Cちゃんの頼んだ「汁ビーフン」は、酸味のあるスープ。パクチーも入っていて、こちらのほうがクセあり。しかしほんとにインスタント食みたいな味だわん。
posted by めでこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

にき亭/横浜そごう

 仕事の後、Cちゃんと二人で横浜へ行く。今日はノンアルコールデーなので、久しぶりにそごうのレストラン街に行ってみた。ほえ〜。すっかり変わってる〜!レイアウトも、店舗も。
 ぐるりとまわってみたけれど、時間も遅かったし、ノンアルコールだし、それと、チラッと覗いた「にき亭」という店の、中庭に面した席の雰囲気が良さそうだったので入ってみることにした。(中庭といっても完全屋内ですけどね)

 お値段がそれほど高級ではないわりに、高級感をアピールするような店のつくり。Cちゃんと、「にき亭ってほかにもあるのかな?」「改装後のそごうレストラン街に入るくらいだから、すでにある店じゃない?」「いや、どこかの資本が入った新形態かもよ」などと話しつつメニューを眺める。コースは3〜4千円くらいのが2種類あったかな?鍋のコースと、普通のと。単品は、オムライス、グラタン、キッシュなど、洋食屋っぽい品が多種類。

 私たちの注文は、「オードブル盛り合わせ」をふたりでシェアして、私はメインに「野菜のポトフ 自家製ソーセージ入り」、Cちゃんは「和牛ハンバーグ」。デザートもいただいた。

 スタッフは皆若い。黒服を来たマネージャー風の男性も若い(なぜか同じようなスタンスの人がふたりいる)。とてもよく話しかけてきてくれて、その都度、見事にCちゃんとの話の腰を折ってくれる(笑)どうやらここは、那須の「二期倶楽部」の新形態店舗らしい。どうりで那須、那須、那須…と店内のポスターに書いてあるわけだ。

 オードブル盛り合わせは、炙った帆立、鴨のロースト、牛肉のロースト、味噌豆腐のカプレーゼ風(味噌豆腐をモッツァレラに見立てて、オリーブオイル+バジル+トマトと組み合わせてある)、もう一種類は失念。それらがアンティーブ(チコリ)系の葉っぱを散らした中にちょこちょこと盛られている。うーむ。素材にこだわっているらしく、変な味もしないが、旨みも控えめ。上品といえば上品。

 メインのポトフは、ひっじょーに少量。ちゃんとしたフランス料理店のコースのスープよりも少ない!味は、野菜の甘みはあるけれど、ソーセージのスパイスが勝ちすぎているような…。それより何より少なすぎてよくわからん。大食いではない私が言うんだから間違いない。Cちゃんのハンバーグはそこそこの量がありました。
 
 それから、サービスがいまいちだったなぁ。若いスタッフの皆さん(黒服のマネージャー風の方たちも含む)、立居振る舞いだけはとても丁寧なのだけど、内容がどうかと思う。注文時にもこちらがひとつひとつ聞かないと必要なことを教えてくれないし(パンやライスは別に頼むのか、とか)、聞いて答えてもらったその内容が間違っていたり、お水を注ぐときは私とCちゃんの視界を塞ぎ、食後にテーブルの上のパンの粉を掃いてくれたときはそれをデザートの皿の上を通過させて運んでいき…。

 二期倶楽部に行ったことはないけれど、なんだか想像しちゃうなぁ。ちと残念。カジュアルな洋食屋さんだったらサービス云々はどうでもいいんだけど、洋食屋にしては良いお値段だし、店のつくり・雰囲気ともに若干の高級感が演出されているので、そういうバランス感覚の悪さが妙に目についてしまったのでした。
posted by めでこ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

三友軒/深沢

sanyuuken01.jpg

 昼。深沢不動にある三友軒で、夏を惜しんで冷し中華を食べる。具材は、山菜系?など入っていて、ちょっと変わってる。タレは酸味が多め。おいしいな。こういう冷し中華だったら、ハムと胡瓜でなくても満足♪
posted by めでこ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥芳/学芸大学

toriyoshi01.jpg

 夕方6時頃、焼き鳥を食べたい!とMSが言い出したので、家からブラブラとバス停まで歩き、バスに揺られて10分ほど。目黒通りの「清水」のバス停の目の前にある「鳥芳」へ行く。
 生ビールを注文。おかみさんがサーバーから注いでくれる。何だかものすごくおいしい!注ぎ方が上手なのか?サッポロが良いのか?
 食べものは、紙とペンを渡されるので、客が自分で記入する。店内は、BON JOVIが結構な音量でかかってる。I complicated♪ この店のマスターは、かつてハードロック系のプロドラマーだったとか。

 ササミ、レバー、ぼんじり。 レバーは中身がとろとろ。
toriyoshi02.jpg toriyoshi03.jpg toriyoshi04.jpg

 途中で、煮込み、キャベツのサラダ(野菜食いの私たちは、一人一皿頼むべきだったかもー。シンプルな生野菜と味噌のサラダ)など、頼みつつ。
toriyoshi05.jpg toriyoshi06.jpg

 ねぎま、トントロだっけ?豚の何か、つくね。つくねはタレを食べてみたかった。何も言わないと塩らしい。
toriyoshi07.jpg toriyoshi08.jpg toriyoshi09.jpg

 前半の串はひとり1本ずつ、後半の串はふたりで1本を食べて、ふたりで生ビールを3杯、梅酒サワーを1杯頼んで、お会計が5000円ちょうど(端数をオマケしてくれた)。ほんとうはもっと食べるつもりだったけど、店内はあっというまにお客で一杯になって、マスターひとりで焼いているので焼きが追いつかず、煙がもうもうで目が痛くなってきたので出てきてしまった。

 けど、鳥は肉質もなかなか、焼き具合が良い感じ、生ビールはうまい、サワーも丁寧につくってくれるからおいしい。そりゃ、繁盛するよねぇ。早い時間に行って、さっさと注文して、2杯くらい飲んで出るのが良い使い方かも。予約もできるそうですよん。

 #この日以来、BON JOVIが聴きたくてしょうがない。でもCDは初期の1枚しか持ってないのだ。買いにいっちゃおかなー
posted by めでこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼き鳥、鳥料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

野田岩/横浜高島屋

nodaiwa01.jpg

 昼。天然鰻ではないけれど、季節の膳にはせず、うな重(松)にした。 蒸しました!って感じの水っぽさがいつもより強い気がしたけど、気のせいかも。前回食べたのは天然だったから、印象が違うのかな。天然は天然の、養殖は養殖の、それぞれメリットがあるのでしょうね。
 いつもながら、漬物がおいしい。最初にもらう緑茶も良いお茶。食中&食後にはほうじ茶が出る。これも嬉しい。
posted by めでこ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

唐木屋/太子堂

karakiya01.jpg

 夜の8時。世田谷線の太子堂駅前の、線路と住宅しかないような場所にポツンと、でも電飾をキラキラさせて不思議な雰囲気でたたずむ「唐木屋」。店内にはビールもワインもウイスキーも陳列されている、れっきとした酒屋さんなのだけど…。

 しかしその一角(というより店の真ん中)には、酒の飲めるスペースが用意されている。テーブルがわりの樽がボンボンボンと3つおいてあり、そのまわりに椅子が配置され、座ってゆっくり飲めるような仕組みに。ここは、町の酒屋によくあるようないわゆる「角打ち」とはコンセプトの違う、「お酒のおいしさを客に体験してもらうための会員制試飲コーナー」であるとのこと。ま、このコーナーのうわさを聞きつけて友達と一緒に駆けつけたわけですけどねっ。友達の一人が代表として会員登録をし、私たちはその連れということで「試飲コーナー」の恩恵にあずかる。

karakiya02.jpg karakiya03.jpg

 ここの目玉は、群馬は館林から樽で直送される「オゼノユキドケ」という生ビールらしい。この「オゼノユキドケ」のホワイト・ブラック・ブラウン、バスペールエール、ベルビュークリークの5種類の生ビールが小振りのグラス(ハーフパイント)で1杯ずつ出てくるコースは、なんと、1500円!飲みきれないかも…と一瞬思ったけれど、せっかくなので、これを注文してみることにした。初めて飲んだ「オゼノユキドケ」は、やわらかく、味わい深く、口内に気持ちよい余韻を残すとても美味しいビール。ベルギーのヒューガルデンに似ている(製法が同じらしい?)けれど、ヒューガルデンよりも私は好みだな。
 おつまみは持ち込み自由。皆がそれぞれ買い込んだものを持ち寄って、食べて飲んで、2時間以上いたのかしら??不思議な空間の、面白いひとときでした。また飲みたいな、オゼノユキドケ。瓶詰めされたものも市販されているそうです。

ひらめき オゼノユキドケ レッドエール・黒ビール・ブラウンバイツェン・ホワイトバイツェン
 レッドエールは7・8・12月限定発売だそう。

 フルーティなベルギービール、「ベルビュークリーク」はこちらのお店にもあるみたい。ヒューガルデンに次いで人気のビールなのね。さくらんぼの甘酸っぱい味と香りがするのです。ベルギービールJAPAN
posted by めでこ at 02:00| Comment(6) | TrackBack(0) | パプ・BAR・ビアガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Roundabout/三軒茶屋

roundabout01.jpg

 太子堂の「唐木屋」の後、徒歩で三軒茶屋まで移動。茶沢通りのコンビニの角を右に曲がってすぐ、ビルの2階にあるBAR「Roundabout」。友達の友達が最近始めたお店だそう。連れてきてもらった。

roundabout02.jpg roundabout03.jpg

 私はギムレットを注文(ジンが少なめだった〜)。フライドポテト+サワークリーム+スイートチリの一品と、フライドマッシュルームを注文。追加で汁ビーフンも。店内にはゴールデンレトリーバーのメグちゃんもいて、洒落た空間だけど、くつろげる雰囲気もあり。話に花が咲いて、ハッと気づけば0:30。タク帰宅となりました。
posted by めでこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パプ・BAR・ビアガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

ビストロ ブルゴーニュ/赤坂見附

bistro bourgogne.jpg

 赤坂見附の駅から徒歩1分。田町通りのひときわにぎやかな一角、飲食店ビルの2階に、ビストロがオープンするとのこと。9/14〜16の3日間は、誰でも参加自由の開店パーティーだそうなので、さっそく、フランス(語)つながりの友達と一緒に行ってきた。

 つーか、駅から徒歩1分のはずが、10分かかってしまったよ。迷ったから。 だって、パチンコ屋のキラキラした看板とか呼び込みやってる人たちの動作とか、狭い道なのに大勢の人と車が絶えず行きかう雰囲気などなど、私とNちゃんの目をまどわせる要素がたくさんあって、ふたりで一生懸命探してもなかなか店の入口が見つからなかったんですもの。看板もまだ出ていないらしいし。#実際は、「木曽路」を目指していけば、「ビストロ ブルゴーニュ」は、そのすぐ隣にみつかります。

 店内は人人人…で、大盛況。内装がすごいなあ。赤坂っぽいといえば、ぽい。ボーヌとかディジョンの町並みに見られるような、中世の建物のイメージ。ミサっぽいともいう?(笑) 独特の雰囲気があるですよ。私は好き。

bistro bourgogne02.jpg

 料理はというと、プレオープンのパーティーメニューだし、ひとくちしかいただいていないので何ともいえないけれど、でも、ラタトゥイユといい煮込み系といいロースト肉といい、「これ、ちゃんと一皿食べてみたい!」と思わせるひとくちの美味しさ。期待大です。
posted by めでこ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

さ久/荏原町

saku.jpg

 荏原町の郵便其の近くにある店。8人で飲み会。初めて入った。何も予備知識なく連れてこられたので、最初に出てきた刺身の予想外のおいしさにビックリ。黒豚コロッケも野菜蒸しもウマイわぁ(新鮮な魚介と黒豚がウリの店らしい)。
 焼酎の品揃えもなかなか。ちらっと見ただけだけど、魔王、百年の孤独、森伊蔵(でもグラスで2800円。そりゃないでしょ)、兼八etc..  ボトルはあまり有名銘柄はなかったけどね。兼八を飲んだ。やっぱり麦チョコを想起させる味(笑)

 けっこうハイペースで酔っ払ったので、あとの写真は壊滅状態。
 このお店、長野の佐久出身の方々が経営されているからこの店名なのだそう。

ひらめき 大分県 四ツ谷酒造 兼八(麦焼酎)
 最近この兼八は人気上昇中で、小売で手に入りにくくなっているらしい。で、先日、焼酎好きの友達が教えてくれた「兼八よりおいしいかも?」とうわさの麦焼酎がこちら。大分県 藤井醸造 特蒸泰命(とくじょうたいめい)
 私も一度飲んでみなければ…。
posted by めでこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(2) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

カフェ トスカ/みなとみらいパンパシフィックホテル

 ランチビュッフェに行ってきた。平日だと3150円。友達が予約をしておいてくれたので、観覧車が目の前に見える窓側の席に案内される。眼下の道路をいろんな車(パシフィコへ向かうらしきロングリムジン×4台、とか)が通るので、眺めているのも楽しい。

 車で行ったのでアルコール無し。まずは前菜に、グリーンサラダ、焼きアスパラ、ドライトマト、ピクルス(コルニッション)、焼きパプリカなどを盛り合わせてきた。ドレッシングは「シャンパンドレッシング」だそうな(単に白ワインベースってだけのような…。おいしいけど)。 パンは、カイザー氏のパンパシフィックオリジナルパン。これは、ひまわりの種の入ったパン。ピザもカイザーなのかしら?塩気の強いチーズが美味。
cafetosca01.jpg cafetosca02.jpg

 あさりのパッパルデッレ。あたためっぱなし状態に置かれていたわりにはいけるかも。ついでに、やりいかのマリネと茹でブロッコリーも取ってくる。
cafetosca03.jpg

 フランス人らしきファビアンさんが目の前で焼いてくれる、ローストポークのオニオン乗せ。野菜と玉葱の甘みたっぷりのソース。
cafetosca04.jpg

 カルボナーラも目の前で仕上げてくれる。茹でおいたスパゲティを再度湯に入れてあたためなおして、巨大なチーズの器の中で、ソースとあえる。最後にコショウ。チーズくさい、チーズ好きには嬉しい味。 串揚げは、ずらっと並んだ素材を前に、「茗荷と、茄子と、トマトと、カボチャと、エリンギ、おねがいします〜」などと頼むと、揚げてくれる。
cafetosca05.jpg

 かぼちゃの冷製スープ(ポタージュ)を撮り忘れた。この辺でお腹一杯に近づいてくる。

 友達がもらってきたのをひとくちもらった、オムライス。これも目の前で仕上げてくれる一皿。デミグラスソースとホワイトソースのどちらか選べるそう。私もデミ派だな。洋食正統派のオムライス。
cafetosca06.jpg

 少し休憩を入れた後に、デザートとスムージー。一緒にコーヒーをもらう。
 ケーキは全種類もらってきました。二人で半分こ。私の好みは、シュークリームの一種「パリブレスト」と、かぼちゃのしっとりパウンドケーキ。
cafetosca07.jpg cafetosca09.jpg

 ビュッフェといえども、全体にちゃんと楽しめるお料理だった。パンパシフィックホテルのスタッフは自然であたたかいサービスをしてくれるし、吹き抜けの高い天井、一面のガラス窓の向こうには広い空が見えて開放感ばっちり。 今日は赤ちゃん連れの友達と一緒に行ったけれど、ほかにもお子さん連れのお母さん方がたくさん来ていた。店内広いからベビーカーも邪魔者にされず、くつろげるものね。なかなか良い環境。ただ、これが休日だと、もっとざわめいて混みあってうるさくなっちゃうのかな。料金も若干上がるしね。平日ランチのほうが居心地良さそうです。駐車場は、2時間まで無料。
posted by めでこ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

一福/旗の台

 いつもの一福。女10人でカウンター横一列(一部カーブあり)を陣取り、今日もよく食べよく飲み、喋りたおしてきましたー。

シャンツァイ(香菜)、ピータン豆腐
ichifuku-050906-01.jpg ichifuku-050906-02.jpg

海老塩炒め、ワンタン
ichifuku-050906-03.jpg ichifuku-050906-04.jpg

春巻き、空芯菜炒め
ichifuku-050906-05.jpg ichifuku-050906-06.jpg

クラゲの甘酢和え、海老レタス炒め
ichifuku-050906-07.jpg ichifuku-050906-08.jpg

焼き餃子、水餃子
ichifuku-050906-16.jpg ichifuku-050906-17.jpg

あさり炒め、台湾豆腐のサラダ
ichifuku-050906-09.jpg ichifuku-050906-10.jpg

青梗菜炒め、小さな赤いプルーン(平日予約特典だそうです!口休めに)
ichifuku-050906-11.jpg ichifuku-050906-12.jpg

酢豚、台湾ビーフン
ichifuku-050906-13.jpg ichifuku-050906-14.jpg

予約の5本、すべて空にしてきましたよん。金の紹興酒。
ichifuku-050906-15.jpg

 以上。撮り忘れもありそうです。初訪問だった面々からは、一福の料理・酒ともに絶賛の声。餃子もウマイしねー。こんなにたくさんの種類の野菜を酒にあわせておいしく食べられるお店は多くないよね!唯一の心残りは…。私が酢豚を食べ損ねたこと!(泣)

 ひらめき その後、楽天でみつけてしまった。→金色ラベルの台湾紹興酒(8年熟成)
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

ひるがお/野沢

hirugao01.jpg hirugao02.jpg

 「せたが家」の昼の顔、「ひるがお」。店名が変わるだけあって、夜とは別物の、塩ラーメンの店になるらしい。チャーシュー塩ラーメンを注文した。チャーシューが香ばしい。スープに脂がたっぷり浮くけど、しつこくない。鶏・豚・貝類・椎茸・昆布などのダシが詰め込まれたスープは味わい深いけど、個人的にはちょっとホタテが強すぎるかなぁ。口の中にホタテのあまさがいつまでも残る。それがいい人にはいいのだろうけど。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

Fest Garten/たまプラーザ

tamaplaza02.jpg

 この夏オープンしたばかりという、たまプラーザ東急SCのビアガーデン、Fest Garten(フェスト ガーテン)で、友人のジャズピアニスト山田貴子が演奏するというので、行ってきた。

 ビールは、フルムーンビールというプレミアムビール一種類。まろやかで美味しい。ジメ〜っ蒸し〜っとした日だったら、もっとドライなビールが良いかもしれないけど、今日は秋めいた夜風が涼しく、気持ちよい夜だったので、このビールで◎。

tamaplaza03.jpg tamaplaza04.jpg

 名前は忘れちゃったけど、ソーセージの上から二番目のを注文。スパイスやらハーブやらの色んな香りがしておいしい。辛くはない。もちもちしたドイツパンが付いてくる。フライドチキンとポテトサラダも注文した。フライ系の味は……だけど、ポテトサラダはまあまあだった。ちょっと甘かったけど。 米英系航空会社の機内で配られている(た)ようなプレッツェルが一人一皿もらえるみたいだけど(左写真の左上)、ここのスタッフ、あまり目が行き届いていないのか、プレッツェルは人によって出たり出なかったり、コースターももらえたりもらえなかったり、であった。 

 それよりも何よりも、この開放感とのんびりムードは良いですね。青い芝生、3階なのに周りに高い建物の無い広い空、遠くに港北の観覧車。都心のビアガーデンではちょっと出せない雰囲気じゃないかなあ。そのうえ、ステージではジャズ演奏。子供たちも遊びまわる…(笑)

tamaplaza01.jpg

 来年もまた来たいわぁ。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パプ・BAR・ビアガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。