2005年07月31日

Pousse cafe/自由が丘

pousse01.jpg pousse02.jpg pousse03.jpg

 日曜午後3時。プースカフェに女4人で行く。最初はテラス席しか空いてなくて、一瞬座ってメニューを眺めたりしていたものの、汗がだらだらだらだら・・・。 少しして店内の席が空いたというので移らせてもらった。この季節、午後3時にテラスは無理でしょー(座ってる人いたけどね)。
 しかしこの店、いつのまにかホームページも出来てるし、Hanakoにも載ったらしく、以前の「なるべく目立たずひっそりと」という雰囲気はなくなってるみたい。経営は一緒なんだろうか?メニューも変わったし、何だかちょっとオトナっぽさが薄れた感じ…。

 頼んだのは、キッシュと、サラダと、アボカドディップ。けっこうおいしい。


posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ・喫茶店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

謝甜記(しゃてんき)/横浜中華街

syatenki.jpg

 2号店のほうへ行きました。アワビ粥。ソウルで食べたアワビ粥よりずっとオイシイ♪タレにひたした白髪ネギをちょこんと乗せていただく。香菜が味のアクセント。ザーサイもついてくる。お茶もサービスです(中華街でも最近は、お茶を有料にするお店も出てきているんだって?)。別注文の揚げパンは、もっちり。ぜんぶ満足〜
posted by めでこ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悟空茶荘/横浜中華街

gokuu03.jpg gokuu02.jpg gokuu01.jpg

 謝甜記の後、お茶しに「悟空」へ向かう。めでこは中華街に詳しくないため、どちらも友達Kちゃんのセレクトです。飲んだのは「白牡丹」というお茶だったかなー。紅茶とほうじ茶をミックスしたような親しみやすいお茶。 卓上に、火にかけたお湯を用意してくれているので、何杯もゆっくりとお茶を楽しむことができる。1階は茶葉や茶器などを扱うショップ。雰囲気の良いお店でした。
posted by めでこ at 09:00| Comment(2) | TrackBack(1) | カフェ・喫茶店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

ZEST/恵比寿

zest.jpg

 7人で予約して行く。トルティーヤとかフローズン・マルガリータとか色々頼んだけれど、かーなーりー酔っ払ってたので画像ほとんどなし(上のはジャンバラヤ)。味の記憶なし。味よりも雰囲気の店ですから! 大勢で騒がしく飲みに行くには良いよね。天井高くて開放感あるもの。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他各国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

麺くらい/野沢

menkurai.jpg

 11時半過ぎに車で向かった。野沢交差点からすぐ。厨房にはお兄さん一人しかいない小さいラーメン屋さん。塩ラーメン(650円)を頼む。出てきてびっくり。バジルのかほり!スープに浮いてるこのつぶつぶがそうです。最後に何か大量に振りかけてるなぁ、と思ったら…。
 不思議な味だけど、けっこうおいしかったですよ。でもちょっと胡椒がききすぎかも。いや、バジルラーメンだったらあれくらいピリッと胡椒がきいていないとダメかも?麺は固めの卵ちぢれ麺。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

野田岩/横浜高島屋

nodaiwa.jpg nodaiwa2.jpg

 うなぎを食べに横浜高島屋の「野田岩」へ。 最初は麻布本店へ行こうと思ったけど、あそこは、座敷は2階にしかなく、階段を上がらないといけなかった気がする。祖母にはキツイので却下。次に、横浜野田岩(路面店)にしようと考えて電話してみたら「日曜はお休みです〜」と(泣)
 結局いつもの高島屋店になりました。11時半に着いたら、ウェイティング5組くらい。私たちの後にも次々と人がやってくる。15分ほど待って入れたけれど、その後は40分待ち状態が続いていたらしい。さすがにこの時期、いつもの土日より混みますな。店内の客層もやや若め。

 天然うな重。ボリュームあり。お値段も良いものね(4200円位)。身は口の中でほろっと崩れる白身魚系。天然物だから食べる度に若干印象が違ってきますが、今日のはあっさりでした。美味しかった。
posted by めでこ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | うなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

ラ ビュット ボワゼ/自由が丘

labutte02.jpg

 奥沢6丁目の住宅街にある一軒家のフレンチレストラン。以前、友達の結婚パーティーのお呼ばれで来たことはあったけれど、ディナーは初めて。今日は、震度5弱の地震とその後の渋滞にもめげず、4人で行ってきました。


labutte01.jpg

 最初はシャンパーニュで乾杯。
 アミューズは、美しいガラスの器に9種類。手前左から、プチトマトと生ハム、オリーブオイルとバルサミコ、サーモンマリネ、シュー、真ん中のこれが印象的だった・鯵とハモンセラーノの組み合わせ、クロケット、帆立の上にピクルス、ブーダンノワール、江戸切子の器にはガスパチョ風スープ


labutte04.jpg labutte03.jpg

 自家製パンは5種類。全部いっぺんにいただいてしまいましたよ。色気のない写真でゴメンナサイ(汗) 手前左から豆乳と岩のりのパン、グリーンピースのパン(自然の甘みたっぷり!)、細長いのがハーブのパン(ローズマリー、タイム等だったかな?)、黒いのが黒胡麻のパン、奥が全粒粉のカンパーニュ
 パンと一緒に供されるのは、左から、へーゼルナッツと青じそ、おからとハーブ、トマトとエシャロット(オリーブオイル)、豚肉のリエット
 どのパンにどれをつけて食べようか…と、あれこれ試しすぎると、お腹がふくれます(笑)


labutte05.jpg

 さて、ここからがコースごとのお料理。
 女性には金額の書かれないメニューが渡されるので料金はわかりませんが、3種類あるうちの真ん中の「ファンタジー」というコースです。
 中央は、茄子やオクラやきのこをキャベツで包んだ夏野菜。周りに太刀魚のグリエ。野菜も魚も、しっかり冷えて、オリーブオイルとハーブのソースが爽やか。

 このときのワインは白、ピュリニーモンラッシュ2001、ドメーヌ・ラリュー

labutte05-2.jpg

 続いてのメイン魚料理は、おにかさごと夏野菜(トマト、瓜、辛くない唐辛子など)。ういきょう(フェンネル)を使った濃厚なソース。


labutte12.jpg

 グラニテと言うの?口直しは、私たちの席のすぐ横の、ガラス窓の向こうに広がる緑豊かなお庭の梅からつくったという白加賀梅のシャーベット


labutte06.jpg

 メイン肉料理は、皮と身の間に穀物を詰めたうずらのロティ。笹があしらってありますが、ソースにも笹のパウダーを使用しているのだそう。うずら好きにはこの独特の香りがたまりませ〜ん。


labutte07.jpg

 このときは赤で。ダニエル・リヨンのニュイサンジョルジュ2000を。華やかな香り…。ビバ・ブルゴーニュ!


labutte08.jpg labutte08-2.jpg

 チーズもいただきましたよん。いちじくのパンと一緒に。
 スプーンに乗っているのがスーマントラン。その左隣がカマンベール・カルバドスだそうな。パン粉をまぶしてカルバドス(林檎のブランデー)で洗っているらしい。どちらのウォッシュもさほどクセはなく。 それから、カマンベール・ノルマンディと、ブルーはロックフォール(パピヨンと言っていたかな?確か)、ミモレット(とっても品の良いミモレット!)。


labutte09.jpg

 デザートは、パッションフルーツのムース。表面をカラメリゼって言うんでしょうか?パリっとしたあめの中にバジルの種が散らしてある。刺してある3つのとんがりはりんごだったかな?手前のソルベはレッドフルーツとメロン。全体をひまわりに見立てているんですって〜。キレイ!茎はメレンゲね。


labutte10.jpg

 食後のエスプレッソを撮り忘れたので、他の人が頼んだハーブティーを。テーブルで蒸してます。11種類のハーブと言っていたかな(うろ覚えばかり…)、レモングラス、レモンバームなどレモン系の香りが強いの。スイートマジョラムも入ってると言ってたっけ。


labutte11.jpg

 心躍るプティフール♪チョコレートやメレンゲやフルーツ入りのシューなど。食べきれない分はお土産に包んでくれました。

 気がつけばあっという間に11時半近く。本当に居心地の良いお店です。お腹は満腹で、心は大満足で!うっとりと過ごした4時間でした。


posted by めでこ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

てっぺん/自由が丘

teppen.jpg teppen2.jpg
 
 7時少し前に入店。休日に行くのは初めてかも。入口近くのカウンターに通される。いつものように、元気いっぱいの声を見事に揃えた「いらっしゃいませ!」と、「○○お願いしまっす!」「Yo!」という店員同士の不思議な受け答えがいい感じ。外とはちょっと違う世界に来たみたいな気分にさせてくれる演出が好き。だからいつ行ってもお客さんで一杯なんだと思う。明日でちょうど開店1年半だって。
 
 バリそばサラダは店員さんが混ぜてくれる。串焼き盛り合わせは、蓮根、サーモン、きす、うずら卵、豚肉もちチーズ、アスパラ。

teppen3.jpg
 
 こちらは納豆。オクラ、まぐろ、沢庵、ネギなどが入っていて、韓国海苔に乗せて巻いて食べるらしい。食べやすい納豆。

teppen4.jpg teppen5.jpg

 豚の角煮は上に、チーズを伸ばした(山芋とかお酒かしらん?)ものがかかっている。おでんトマトは食べやすいようにとそれぞれに取り分けてくれました。

 でね、もう帰ろうという頃、隣の席においしそうな水茄子とフルーツトマトが「お通し」として出されているのを見て、私たちにお通しが来なかったことに気づく。どうしようかと思ったけど一応お店の人にそう言ってみたら、とても恐縮してお通しの分を会計からひいてくれたので「また今度楽しみに来ますね〜」(だって水茄子おいしそうだったんだもん^^;)と言って話は終了。それからお会計も済ませ、しばらくくつろいでから気分良く店を後にしました。すると、数十メートル歩いた辺りで呼び止められ、振り返ると、何と、てっぺんの若い店長さんが走って追いかけてきているではないですか!息を切らしながら自分の名刺の横に「水茄子、フルーツトマト」とメモ書きをし、次回こちらをサービスさせていただきますのでまたお越しください、と…。うーむ。すごいなぁ。サービス完璧。というか本気を感じる。また行こう、って思っちゃうよね。
posted by めでこ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てつたろう/自由が丘

tetutaro.jpg tetutaro2.jpg tetutaro3.jpg

 てっぺんの後、日本酒を飲みに「てつたろう」へ。店内広いのだけどまわってないのかなー?席は空いているのに通されるまで少し時間がかかった。注文は、かんぱちとさざえのお造りと熱燗だけ。さざえがおいしい。15人くらい入れそうな奥の掘りごたつスペースは宴会に良さそうだな。照明暗めでゆとりがあって、店内の雰囲気はまあまあ。
posted by めでこ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

コートダジュール/新横浜

cote.jpg cote2.jpg

 大人7人、子ども3人の総勢10人でランチ。個室があって車を停められる店、という条件で幹事のMチャンが見つけてきてくれた。まだ新しいお店みたいね。
 1階がバイキングスペースになっていて、私たちは3階の個室だったけれど、エレベータで下まで降りて食べもの飲み物を運んでくるという仕組み。3時間半で大人一人当たり1500円未満というかなりの安さを考えると、気楽に使いやすい店ではないかしら。料理はファミレスよりはおいしいかな。私たちは使わなかったけれど、カラオケやDVDプレーヤーもついているので、多目的に楽しめそうです。
posted by めでこ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 個室スペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

Aux Bacchanales/紀尾井町

バカナル.jpg バカナル2.jpg バカナル3.jpg

 アコースティックギターデュオDEPAPEPEの緊急ライブを聴きに、なんきぃさんとオーバカナルへ行ってきた。原宿から紀尾井町に移って以来、来るのは初めてです。
 最初はテラスに近い席に座り、暑いのでまずはクローネンブルグで乾杯する。つまみに、キッシュとフライドポテト。デパペペの二人は、カフェ内のテラス席に近いブースにギャルソンの格好をして座り、30分くらいかな?演奏とトークで皆を楽しませてくれました。

バカナル4.jpg

 ライブ終了後、余韻にひたりながら、何かもう少し食べようってことでステークフリットを注文。嬉し〜い。次回は、一人でこの一皿を食べられるようお腹を空けて、ランチに来てみたいな。てか、フランスに食べに行きたいよなー。
posted by めでこ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぎんろく/赤坂

ぎんろく.jpg ぎんろく2.jpg

 オーバカナルの後、reiちゃんと二人で赤坂見附からさらに赤坂駅方面に向かって歩く。左手に串揚げ屋「最上」などを見ながら結構歩き、地下にあるこの店に入ってみた。白ワイン梅酒や芋焼酎(銘柄忘れちゃった)などを飲み、サラダ、グリーンアスパラのおひたしなどを食べる。お喋りは楽しかったけど、お店に関することは、あまり印象に残っていません…。
posted by めでこ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

MAIMON/恵比寿

maimon.jpg maimon2.jpg

 夕方、恵比寿でMSと待ち合わせ。夕飯前に軽く一杯…の感覚で、オイスターバー「MAIMON」へ行く。この店にした理由はひとつ。恵比寿駅近くの牡蠣専門店はここだけだから。普段は、こーゆー外観の店にはまず入らない。上のサイトを見た後は尚更だと思う。友達にも忠告された(笑)けど行ってみました。

 本当はシーズンの岩牡蠣が目当てだったけれど、なりゆきで何故か、ふつーの牡蠣を頼む。えーと、どこだっけ、アメリカのどこか産と、宮城の女川産と、同じく宮城のどこか産の3種類。水っぽい。牡蠣を食べた満足感がない。水洗いされてるせいかな。ま、時期も良くないけど。
posted by めでこ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オイスターバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラ・ピッチョリー・ドゥ・ルル/広尾

loulou.jpg loulou2.jpg loulou3.jpg

 そもそも、今日の夕飯を恵比寿にしたのは、「ラ・ピッチョリー・ドゥ・ルル」でブルターニュ産のムール貝を食べたかったから!牡蠣よりも、こちらがメインです! この店、住所は恵比寿だけど、場所は完全に広尾エリア。そうとは気づかず、雨の中、恵比寿駅前からテクテクと歩いて向かう。(着いてみたら広尾だった)

 ワインはグラスで白と赤を頼む。白はロワール、赤はルロワの「ブルゴーニュ」。料理は、夕顔の浅漬け、やりいかとセロリのマリネ、チョリソー、トリップ・ア・ラ・モード(という料理名なんだって。トリップの、煮つめてない白ワイン煮)。どれも素朴においしい。

loulou4.jpg loulou5.jpg

 目当てのムールです〜!ブルターニュ産。小粒で美味。刻んだ野菜を煮込んだスープで蒸したタイプ。黙々と食べる。満足。ポテトの量はやっぱり少ないけど…。

loulou6.jpg loulou7.jpg

 トリップは脂がきつくなく仕上がっている。マイユのマスタードの大瓶を開けてくれて、一瓶そのままテーブルに置いていってくれた。開けたてのマスタードは、フレッシュな良い香り。肉料理に、たっっぷりつけて食べるのが好き〜。

 7時の来店時には私たち以外の客はいなかったけれど、そろそろ行こうかという頃にはいつのまにか満席になっていた。いい店だねーと話しながら9時頃退散。
posted by めでこ at 02:00| Comment(2) | TrackBack(1) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源十/野沢

genju1.jpg genju2.jpg genju3.jpg

 最後。野沢の江戸料理屋「源十」へ。蕎麦が食べたかっただけ…のはずが、ダラダラと長居。画像は無いけれど、「厚岸かきえもん」も注文しました。2個で900円。さっき食べた妙に高くて水っぽい牡蠣よりずっとおいしい生牡蠣でした。



posted by めでこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

やまもと/恵比寿

 今日は画像無し。仕事の後、Cちゃんと恵比寿のカウンター割烹(と言うらしい)「やまもと」へ。

---------------------------------------
 まず、竹筒に入った、作りたてのお豆腐。甘みがあって濃い味わい。半分ほど食べたところで「トマトのソースはいかがですか」と勧められる。裏ごしされたなめらかなトマトに少し塩を加えただけのような、サーモンピンクの冷たいソース。さわやかな酸味が温かい豆腐によく合うー。
---------------------------------------
 次に前菜。5種盛り。
・生わらびと海苔の煮物
・新じゃが煮
・北海道産つぶ貝
・きびなごの酢締め
・花豆の含め煮
・かぼちゃの皮のゼリー ごまペースト添え
 
特に印象的だったのは、きびなご。私の小指くらいの大きさしかないけれど、軽く酢で締められた身は、ちゃんとプリプリと独立していて、お腹の子も良い食感。見た目もとても美しい。
 それから、かぼちゃの皮のゼリー。深い緑色の、ようかんのような外見。ゼリーといってもゼラチン質は「寄せる」程度の量で、かぼちゃ独特のざらつく食感は残ってる(そこがおいしい)。ごまのペーストがアクセントに。
---------------------------------------
 次。お造り。
・しめさば
・初鰹のタタキ
・蛸
 初鰹は、何で燻してあるんだろうか。いわゆる「燻製」っぽい良い香りがする。鰹の生臭さなんてカケラもなく、おいしい。しめさばも旨みたっぷり。この3種を、柚子胡椒と刺身醤油でいただきます。「とても辛い柚子胡椒ですので少しずつ付けてください」と言われたとおり、マジで辛い。すんごく辛い。香りよりも、辛さ。薬味としては良いのか、も?
---------------------------------------
 汁物。すりおろし人参のスープ
 温かいスープ。かつお出汁に、具は、牛蒡、蒟蒻、里芋、おあげ、さやいんげん、と、和風スタンダートな汁に、すりおろした人参が入るの。でも人参のくさみはない。舌になじむ食感。体にやさしそう。具材ひとつひとつの煮上がりが絶妙だなぁ、やっぱりプロはすごいな。
---------------------------------------
 ここで、酒肴3種。お酒を飲まないCちゃんにはちとしょっぱいよね〜。お酒を飲んでる私にも少ししょっぱかった。(Cちゃんの分も食べたせい?)
・もずく酢(刻み山芋と生姜が入っている)
・赤いか(の幼体)の沖漬け
・帆立の味噌煮
 最初にビール(もちろん"エビス"♪)の小瓶をもらったけれど、この辺ですでに冷酒を頼んでます。冷えすぎてなくて良いかんじ。銘柄は忘れた。お酒がすすむ。
---------------------------------------
 焼き物は、おきたかべの塩焼き
 「お好みで…」と、木の芽味噌も添えてくれたが、シンプルな塩焼きはそのまんまがいちばん美味しい。塩焼き大好き!つけあわせは、胡瓜の酢の物。3センチ長さで縦半分に切った胡瓜を三杯酢に漬けたような。さっぱりとしていて美味。
---------------------------------------
 お次は鍋物。コリンキーかぼちゃって知ってます?従来のかぼちゃと瓜の中間的な特徴を持ったかぼちゃ。私、実は湯河原のスーパーで発見して買ってきて、それっきり野菜室にしまいっぱなしにしてるのだけど、それと同じもの。香りは南瓜で、食感は瓜。
 そのコリンキーかぼちゃ、ズッキーニ、穂紫蘇(シソの実)、粟麩(あわふ)、麩、ターサイに、麦の入った鍋物。この「麦」がイイ。何故かほっとする。
---------------------------------------
 お腹具合を聞かれて、十分満足ですと答えると、御飯へ。
 南瓜と湯葉のお粥、香の物、玄米茶
 じっくり炊き込んだお粥は美味しいけれど、量はほんのちょっぴりでした。私には適量だけど、普通は足りないかもね。でもその直前に麦食べてるからいいのか…。
---------------------------------------
 甘いものも食べたいな♪と言うと、コース外で、蕎麦の実トッピングの水羊羹 メロンとオレンジのジュレとゆーワイルドなデザートを出してくれた。うーむ。こういう創作和菓子は初めて食べた。おいしいことはおいしい。
---------------------------------------

接客も気持ちよいし、客を緊張させない雰囲気だし、料理は目にも舌にも胃腸にもやさしい。
予約して楽しみに行くのも良いけれど、「あ、あそこに行こう」と思いついて気軽に訪ねてもちゃんと満足できるような、親しみのあるお店だと思う。
夜9時以降は案外、空いているときもあるとか。
恵比寿駅で思いついたら電話1本で確認して、GO!です。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

牛角 深沢店/深沢

gyukaku.jpg

 焼肉の「牛角」初体験。前の家の近所にもあったし、今の家の近所にもあるけれど、そしてもちろん最近では全国いたるところにあるわけだけど、一度も入ったことなかったので、どんなもんか試してみる。
 牛の中落ちカルビ、牛ロース、豚ハラミ、豚タン、ピートロ(何だっけな、これ)、サラダ2種、キムチ盛り、ビビンバ(ハーフサイズ)と、ビール3杯にウーロン茶1杯で、お会計が5250円。安いっ
 味は、、甘い。砂糖甘い。でも韓国の安い店もそうだった。あれに近い感じ。肉は、まあ、こんなもんなのかなー。MSと二人、「頼むものさえ間違えなければ、けっこう使えるかも」という結論を出して店を出る。
posted by めでこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 焼肉・韓国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

BELGO/渋谷

belgo1.jpg belgo2.jpg
belgo3.jpg belgo4.jpg

 金曜日!渋谷警察から明治通りをはさんだ反対側にあるベルギービール専門店「BELGO」で乾杯〜♪ 私の1杯目は、レフ・ブロンド。レフ修道院のレシピをもとにつくられているビールだそうな。ギネスは、しっかりとした泡にクローバーのマーク。さすがビール専門店!

 ムール貝のワイン蒸し、牡蠣のソーセージ、ピクルスなどをつまむ。ムールはもっともっとずぅっと小粒のほうが好きだけど、これもなかなかおいしいです。写真真ん中に写ってるバケツは殻入れね。このバケツ並の量のフライドポテトがついてきたら、現地感たっぷりなんだけどナ。

 こんなグラスのビールもありました。木の枠を持って飲むのです。
belgo5.jpg
posted by めでこ at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | パプ・BAR・ビアガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LENNON/渋谷

lennon1.jpg lennon2.jpg lennon3.jpg

 え〜!あんなに頼んだのに画像これだけ?ちゃんと写真を撮ったつもりだった酔っ払いめでこ…。鶏白レバー、グリッシーニ、からすみのスパゲティ。その他、ピッツァ3種、スパゲティ1種、サラダ2種、えーと、あとなんだっけ。飲み物は、最初にチンザノを3種類、試し飲み。ロッソとドライと、オランチョ(オランチョって何?未だわからず)。その後わたしは、モンテプルチアーノ→キャンティ→プロセッコと、ワインを飲み続けました。

 こう書いていて気づいたけど、この店って料理もドリンクも圧倒的にイタリアンなのね。昔からよく来る店だけど、今までそういう印象を持っていなかったのは何故だろう。それだけイタリアンが、日本ではフツーってことかしらん・・ てか、店名からもわかるように、棚にずらっと並んだ洋楽のCD、LDや、耳に気持ち良くなじむそういう曲のBGMのほうが、この店の印象としては強いんだよね。だからこの店は好き。
posted by めでこ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パプ・BAR・ビアガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。