2006年04月02日

信寿司/元住吉

 桜の季節の恒例行事、春の寿司を食べに信寿司へ!

0402-2.jpg 0402-3.jpg

さより、蛤

0402-4.jpg 0402-5.jpg

炙り鯛、穴子の肝焼き

0402-7.jpg 0402-6.jpg

白焼き穴子、かんぴょう

0402-8.jpg shinzushi0402-03.jpg

炙りたいら貝、しまえび

shinzushi0402-04.jpg shinzushi0402-05.jpg

こはだ、しまあじ

shinzushi0402-01.jpg shinzushi0402-02.jpg

いくら手巻き、うに手巻き

 しみじみ美味しい。このほかにもあと5〜6カンの寿司を食べ、季節最後の白子ポン酢などもいただき、熱燗を数本飲んでいる。信寿司へ行くと、満腹のおなかを抱えて帰るのがならわしです。用水沿いの桜もちらっと見たものの、基本的には花より寿司!満足〜
【関連する記事】
posted by めでこ at 02:50| Comment(28) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

フェリチタ/表参道

家族のお誕生日祝いで、総勢9名で個室を予約した。3階だったかな、白が基調のコンサバチブなお部屋でした。

felicita01.jpg

アミューズ: 鴨カルパッチョと葱

felicita02.jpg felicita04.jpg

前菜1: きびなご、いさき、しまあじのカルパッチョ 帆立貝柱のタルタル にしんのキャビア
パンもいただく。

felicita03.jpg

前菜2: 砂肝と石川芋のニョッキのフリット

felicita05.jpg

パスタ: 相模湾赤座海老のキタッラ 黒トリュフのラグーソース

felicita06.jpg

魚料理: 色々な貝類と大根のグリル ケッパーとレモンのソース

felicita08.jpg

肉料理: 仔鳩と茸のロースト ローズマリー風味

felicita09.jpg

デザート: マチェドニアのカルトッチョ仕立てバジリコ風味 ジェラート
本日の主役にはこのようなデコレーションを。

 お年寄りも安心して食べられるお味。個室も狭苦しくないし、親族で集うには良いお店かも。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

Rue Favart/恵比寿

ruefavart01.jpg

 恵比寿は日仏会館近くの「Rue Favart」でゴハン。ちょっと渋谷のアプレミディのような、暗めでまったり系のカフェ。アプレミディのほうがもっと
ずっと暗いけど。

ruefavart02.jpg ruefavart03.jpg

 テリーヌと、豚肉のトマト煮込み。家庭的なお味。3階に座ってしまうと、店員さんがなかなか来てくれないので、いるときにすかさず注文しておくべし。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

ムルギー/渋谷

murugi01.jpg murugi02.jpg

 渋谷。道玄坂の百軒店にえらく長いことあるお店。戦前にビルマに行き、現地のカレーをおぼえたご主人が昭和26年に店を開いたのだそう。建物もテーブルも椅子もいまやとても古い。以前は、私が知っている限りでも、その「ご主人」であるおじいちゃんがカレーを運んできてくれていた。次に行ったらおばあちゃんと若おばあちゃんが二人でやっていた。数年前に行ったら若おばあちゃんひとりしかいなくなっていた。その若おばあちゃんはおじいちゃんの奥さんではなくて娘さんなのかな?(よくわからない) その頃までは、いつ行っても店はたいして客が入っているわけではなかった気がする。知る人ぞ知る「変な店」だったんだと思う。 しかしこの日、私たちの注文を取ってくれたのは若い店員さんだった。おばあちゃんは厨房の中でごはんをよそっていた。ムルギーカレーの味は、以前より食べやすくなった気がする。以前はもっと現地っぽかったのか、香辛料も辛さもきつく、おいしいのだけど私はいつも一皿食べ切れなかった気がするもの(食欲は今より断然旺盛だったのに)。この日は食べられた。マイルドで日本人向けの味になったのかもしれない。そして店内は満席だった。ムルギーも、変化しながら続いていくんだね。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

コートドール/三田

 ランチのコースは4500+消費税。それから、この季節にこの店に来たら必ず食べろと言われた旬のホワイトアスパラガスを別注文しました。

cotedor0305-01.jpg

 アミューズは、シェフのスペシャリテ、赤ピーマンのムース トマトのクーリ。

cotedor0305-02.jpg

 前菜は、白子とフォアグラと帆立のパイ包み。※鳥インフルエンザで話題のフォアグラは、フランス産ではなく、えーと、デンマーク?とかその辺りから入ってくるとのコト。(隣のテーブルに説明しているのを聞いた)

cotedor0305-03.jpg

 ホワイトアスパラガス マスタードソース添え。絶妙の茹で上がり。穂先はそのまま、中頃は塩で、根元近くはソースでいただいた。どれも幸福の味わい。

cotedor0305-04.jpg

 メインは羊の内臓(ハラミ、ハツ、レバー)。

cotedor0305-05.jpg

 アールグレイレモンのソルベ。

cotedor0305-06.jpg

 柑橘を使ったクリームのパイ。柑橘の酸味と苦みを残した甘さ控えめのデザート。独特な味わいが今でもはっきりと舌に蘇る。

cotedor0305-07.jpg

 エスプレッソと茶菓子。

 乾杯はシャンパン。ホワイトアスパラには、ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スールの「コート・ドゥ・ニュイ」2003(白)。メインには、メオ・カミュゼの「ブルゴーニュ」だったかな。感動のランチでした。

 …が、やはり意見の分かれるレストランなのか、私はこのシンプルさと素材の扱い方(なんというか…素材に役割を与えてしっかりとでものびのびと団体仕事をさせる感じ??)がすごくいいな美味しいなと感動するのだけど、夫はそれほどでもないらしい。だけど、舌の記憶に残る味だよね、いいレストランだよね、というところでは一致しているのでした。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

TO THE HERBS

totheherbs04.jpg totheherbs03.jpg

 二子玉川店。店の前にはこの辺りにしては広々としたテラスがあって、天気の良い日はガラス張りの店内も、とっても良い気持ち。

totheherbs01.jpg totheherbs02.jpg

 手頃な価格で、わりとヘルシーに食べられる。休日のランチに友達とおしゃべりを楽しむには良いお店かと。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

Le Cafe Blue/渋谷マークシティ

0119.jpg

 Bunkamuraで観劇の後、寒さに震えて駅近くまで戻って来てしまったので、マークシティの「Le Cafe Blue」へ。海老と野菜のカクテルソース メルバトースト添え、と、仔羊のロースト。味は…ノーコメント。ところで、メルバトーストって、水分が抜けるまでカリカリに焼いたパンのこと。エスコフィエが歌姫メルバのために考案したのですって。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

丸栄/自由が丘

maruei.jpg maruei02.jpg

 自由が丘の老舗とんかつ屋「丸栄」で、ロースカツを食べる。ここは定食がないので、カツ、ご飯、 味噌汁を別々に頼む。しめて1700円くらい。フライパンにうすくひいた少量の油でじっくり揚げる独特の揚げ方をすることで有名なお店。衣がカリっと濃い色に、でも焦げ臭は皆無、油の存在感があまりなく、食後感がとてもさっぱり。
posted by めでこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

六花(りっか)/新丸子

rikka01.jpg rikka02.jpg

 新丸子にある北海道料理の店。こぢんまりとした和風の清潔な店内で、40前後くらい(多分…)のご主人が料理をつくりおかみさんが接客してくれる。家庭的なあたたかさもあり良心的な価格(お会計時にビックリします。え?こんなに少なくていいの?って)ながら、味はプロ。画像は、茄子の揚げ浸し、ラーメンサラダ。

rikka03.jpg rikka04.jpg

 かぼちゃ揚げ、かにみそ豆腐。
 

rikka05.jpg rikka06.jpg

 にしんのみりん干し(だったと思う)、塩辛。

 ほんとうに良いお店。電車に乗ってでも食べに行きたいもの。ぜひとも末永く新丸子でお店を続けてほしいです!
posted by めでこ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三ちゃん食堂/新丸子

sanchan01.jpg sanchan02.jpg sanchan03.jpg

新丸子の名物飲み屋「三ちゃん食堂」は食堂であるから、8時前にラストオーダー、9時には閉まってしまう。とにかく安い・早い・まあまあ旨いの三拍子揃った庶民のお店。この日頼んだのは、ビール、熱燗、茹でブロッコリー、ハムカツ、しらすおろし、もやし炒め。

sanchan04.jpg sanchan05.jpg

おつまみは一皿150円とか200円とか、高くても500円で済んでしまう。オーダーすると炒め物でも3分後くらいに出てくる。大衆食堂なりの気配り目配りは行き届いている。何より店内は活気に満ちていて、皆、ほんとうに楽しそうに酒を飲んだり、テレビを見たり、スポーツ新聞を読んだりしている。親子連れ、カップル、自営業のおじさんたち、大学生、サラリーマン…。いつ行っても8割方満席。でも回転がはやいからちょっと待てば席は空く。皆で飲みに行ったらひとり2000円はかからない。
posted by めでこ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒亭・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。